自然でバレないコンシーラー選びで30代の肌悩みを解決!

30代に突入すると肌がなんだか気になってきたと感じることが増えてきた方も多いのではないでしょうか。とくに20代では気にしていなかったシミくすみなどは、アラサー・アラフォー女子が悩んでいる肌悩みの上位にもあがってきます。

インナーケアから始めて徹底的にシミを消したり、くすみを改善するのはどうしてもお金も時間もかかってしまいますよね。私は趣味でトライアスロンをやっているので日焼け止めは塗っているものの、シミには悩まされ続けています。

消すのが難しいなら手っ取り早く隠してしまいましょう。隠すといえばコンシーラーですが、いかにも塗ってます感があったりすると老けて見られがちに・・・。コンシーラーでしっかり隠してるなとバレたくないので自然に隠して美肌をキープしたいですよね。

今回は数あるコンシーラーの中から、自然で隠してることがバレない付け方、そして実際に私も使っているプチプラコンシーラーを紹介していきます。

30代の肌悩み

まずは肌の悩みについて知っておきましょう。コンシーラーが手放せなくなってくる30代は、悲しいことに隠すものも増えてきます。30代の中でもアラサーとアラフォーというくくりに今は分けられていますよね。同じ30代でも前半と後半で悩みは少し違ってくるんです。

アラサー(30代前半)

30代に突入して「あれ?20代の頃とは少し変わってきたかな?」と感じ始めることもあるのではないでしょうか。30代に入ると女性ホルモンが勢いよく低下するので肌の皮脂量が減ってきます。それによって乾燥肌になり、乾燥したところから肌の毛穴が目立ってくるというような傾向にあります。また水分が不足することで肌のバリア機能も低下し、大人ニキビの原因にもなったりします。


引用:脂腺の構造と機能、皮膚臨床(伊藤雅章ほか)

なおみ
グラフを見ると30代からの皮脂量の低下があきらかですね。

アラフォー(30代後半)

35歳をすぎると様々な肌の悩みに直面する人も多いと思います。そういう私もアラフォー世代に近づきつつあり、シミだけでなく本格的にエイジングケアをしなきゃ!と焦りつつあります。

この年齢は、皮脂量はもちろん代謝も低下していきます。それによりくすみシミしわたるみなどが気になりつつあります。また、「アラサーから気になっていた毛穴はだんだんと開いてきたり」と、悩みをあげるとキリがありませんね。口元のほうれい線も気になる年齢になってきます。

悩みに振り回される前にきちんとケアしておけば問題ないのですが、仕事や子育てに追われるこの世代は自分のケアは十分行えないという方も多いと思います。私も息子が小学生になってやっと自分の時間を持てるようになったかなという感じです。

なおみ
どうしようもなくなったら優秀なコスメに頼って悩みを少しでもやわらげましょう。

 

コンシーラーの種類

優秀コスメの一つ、コンシーラーといっても様々なタイプのものがあります。まずはどんな種類があってどれがあなたに合うのかをチェックしてみましょう。

■スティック


引用:Yahoo!ショッピング

とにかく隠しきる!カバー力!というならこのスティックタイプです。固形タイプで肌にしっかりと密着します。なので崩れにくいという点では使っている方も多いのではないでしょうか。繰り出して使うタイプなのできちんとしまっていれば、化粧ポーチの中でぐちゃぐちゃになるということもないです。

■リキッド


引用:楽天市場

コンシーラーが初めてという方にも比較的使いやすいのがこちらです。私も一番最初はリキッドのスポンジタイプを買いました。カバー力はスティックタイプに比べると衰えますが、柔らかめなので伸ばしやすいという特徴があります。ブラシ・スポンジ・筆タイプがあります。

■ペンシル


引用:amazon

名前のとおり鉛筆状の形です。ペンシルタイプのコンシーラーはピンポイントに隠したいという方にオススメです。固めで伸びにくいので落ちにくいという点がメリットです。

■クリーム


引用:楽天市場

カバー力は中間といったところでしょうか。部位的にはどこにでも使えるので一つ持っておいて損はなさそうです。

■パレット


引用:amazon

パレット内にそれぞれ違う色が入っているコンシーラーです。自分の肌の色に合わせて、単色で使うまたは混ぜて使うのでコンシーラー初心者の方には少しハードルが高いかもしれませんね。クリームタイプに近い柔らかさで程よくカバーしてくれます。

このように様々なタイプがあるのであなたの肌や悩みに合った最適なものを選んでいきたいですよね。

 

コンシーラーの悩み

5つのタイプと特徴を紹介しましたが選ぶこと自体も悩んでしまいますよね。この記事を読んでいるあなたが一番気になっている「自然に隠す」ためにはどうしたらいいのでしょうか?

隠すにはカバー力があるものでしっかり塗ったら大丈夫!とついつい思ってしまいがちです。しかし、しっかり塗るとどうしても浮いてきたり、塗っていない部分との境目が見えたりで不自然になってしまいます。これでは塗ってることがばればれです。

じゃあどうしたらいいの?というあなたに知って欲しいのは、自分の悩みに合ったもので正しく付けるとで悩みは解決できるということです。

 

悩み別の上手な使い方

最初にお話ししたように30代には様々な肌悩みが出てきます。その悩みにあったコンシーラーを選んで正しい使い方知ることがまずは大事です。では肌の悩み別にどのタイプのコンシーラーが合うのかを紹介していきます。

シミ(そばかす)

隠したいもの、バレたくないものナンバー1といっても過言ではないでしょう。シミにも様々なタイプがあります。広範囲にあるシミ、濃いシミ、小さなシミ、そばかすのような小さなものが集中しているものなど。そのタイプによってコンシーラーを選ぶ必要があります。

■広範囲にあるシミ

こちらにはクリームタイプのものがオススメです。カバー力もあるので自然にしっかり隠してくれます。使い方は指かブラシを使用します。ただあまりにも広範囲すぎると厚塗り感が出てきてしまうので、あなたが普段使用しているファンデと組み合わせながらの使用がオススメです。

■濃いシミ

濃いシミには固めのテクスチャーのものをオススメします。使いやすいスティックタイプと自分で色を選ぶパレットタイプです。塗り方はスポンジなどは使わずに指でポンポンと肌になじませるように塗ってみてください。

注意
濃いシミの場合はコンシーラーの色選びにも注意。明るい色ではなく、自分の肌色よりもワントーン暗めの色を選ぶこと。明るい色だと濃いしみが隠しきれなくなる可能性があります。

■小さいシミ、斑点のように集中しているもの

小さいシミやそばかすのようなものには、ピンポイントで塗れるペンシルタイプがいいでしょう。鉛筆のように先が細いので一個ずつ丁寧に消すことができます。

シミ一つにしても、塗り方やコンシーラーの種類を間違えると思ったように隠せないということがおこります。あなたのシミのタイプにあったものを選んでくださいね。

クマ・くすみ

寝不足や血行不良、乾燥によって出てくるクマやくすみも30代からは悩みの種です。くすみがあることで老け感・疲労感が出てきてしまうんですよね。またアイライン、アイブロウを毎日使う人はしっかりメイクを落とせば問題ないのですが、しっかり落とせていないとそれが色素沈着し、目の周りがくすんだように見えることもあります。それらの悩みもコンシーラーで解決しちゃいましょう。

■クマ

目の下に出てくるこの悩みにはスティックタイプのものをやさしく付けた後、指の腹でぼかしていくといいです。この時、隠したい部分にピンポイントに付けるのではなく、少し広めに塗ってなじませていくといいでしょう。

まぶたのくすみ

くすみも部位によってコンシーラーを使い分けていく必要があります。とくにまぶたは皮膚がやわらかくとてもデリケートな部位なので、固めのものではなく柔らかめで伸びやすいリキッドタイプをオススメします。種類の箇所でお話ししたようにブラシや、スポンジ、筆タイプがあるのであなたが使いやすいなと思うものを選ぶといいですね。塗る量は少なめにしてこちらも指でぼかすようになじませてください。

■口元のくすみ

口元のくすみもこの年代に多い悩みの一つです。口元はよく動かす部分なのでこちらも固めではなく、柔らかめのクリームタイプかリキッドタイプが使いやすいです。私は口角の下がった箇所に、リキッドのものを使っていて、とくに筆ペンタイプのものでさっと塗ってトントンとぼかしています。筆だと量の調節もできるので、自然に付けれますよ。

なおみ
リキッドタイプの筆ペンタイプのものは、たるみを目立たせるほうれい線にもオススメです。

クマの消し方についてはコンシーラー1本でクマは消せない!?クマを隠す効果的な色選びと使い方もぜひチェックしてみてください。

大人ニキビ

先ほども話したように30代前半の方にわりとできやすいのが大人ニキビです。大人ニキビじゃなくて、できものだよねと言われるかもしれないこのやっかいな悩みも人にバレることなく隠してしまいましょう。

こちらに関してはアクネケアができるコンシーラーがあるので、デリケートな悩みのニキビにはきちんとケアしながら隠せるものを紹介します。

オルビス アクネスポッツコンシーラー


引用:LOHACO

アゴ、口周りにニキビが出来やすくて、でも隠したくてをこれを愛用してます!
その他コンシーラーやリキッドなどで隠そうとして塗るとニキビが悪化しますが、これだと悪化することはありません^_^
下地の後に少量をポンポンと塗り、上からファンデを塗れば気にならない程度にカバーできてます◎
引用:@コスメ 

30代ではないですが、ニキビに悩んでいた20代初めの頃にオルビスには私もお世話になりました。肌に優しいものを提供してくれるオルビスのアクネスポッツコンシーラーは、やわらかいテクスチャーでニキビだけでなく、ニキビ跡もしっかりカバーしてくれます。

DHC薬用 アクネケア コンシーラー


引用:amazon

ニキビ肌なので使って半年。ニキビ悪化もなく、むしろつけている方が治りが早いような?
少し硬めなので場所によってはつけにくいかも。目元は他のリキッド系コンシーラーじゃないとなじみません。だからこそニキビ専用コンシーラーとしていいのかも。
首ニキビ以外は、マスクをつけていてもしっかり夜までよれずについてくれています。
引用:amazon 

DHCは歴史も長いので薬用ケアとして使用するのに安心感があります。こちらは殺菌作用のある成分が含まれているので隠しながらニキビも改善できることに期待ができます。

ニキビに関してはニキビの赤みを綺麗に消すならこのコンシーラー!私のオススメと使用法で詳しく話しているのでぜひ参考にしてみてください。

しわ

しわに関しても塗り方次第で劇的に隠せるのでその方法をお伝えします。

コンシーラーがしわ部分に入り込んだり浮くのを防ぐためには、柔らかめのリキッドタイプがいいでしょう。付け方のポイントはしわ全体に塗らないことです。しわの始まり部分に薄く少量をつけて指や筆でポンポンとなじませてください。

毛穴

毛穴に関してもタイプによってコンシーラー選びも違ってきます。タイプを見極めてエイジレス肌を目指しましょう。

■開いた毛穴

年齢があがるにつれて毛穴の開きがどうしても気になってきます。肌のたるみによってできたたるみ毛穴、クレーターのような凸凹毛穴などには柔らかめのリキッドタイプで上手に隠してしまいましょう。ポイントは直接毛穴が目立つ箇所に付けるのではなく、まずは手の甲に塗ってから指で付けていきましょう。こうすることで厚塗り感を防ぐことができます。

注意
直接付けると毛穴にコンシーラーが入りこみ過ぎてしまい、詰まり=汚れの原因にもなります。

■黒ずみ毛穴

過剰な皮脂分泌やあまりにもケアをしていない肌におこりやすい悩みが黒ずみ毛穴です。とくに小鼻の部分で悩んでいる人は多いと思います。そういう私も黒ずみと凸凹毛穴のダブルパンチで隠すのに手間がかかっています。

小鼻の黒ずみケアの商品はたくさん出ていますが、中には肌を傷めやすいものもあるのでケアしたいのはもちろんですが、ここではコンシーラーで目立たなくしていきましょう。

黒ずみに対してはやっぱりカバー力のあるスティックタイプがいいです。気になる毛穴部分にポンポンと付けていきこちらも指でなじませるようにしてあげましょう。小鼻に関しては塗るのが難しいですよね。私もいつも苦戦していましたが、いい方法を見つけました。まず、大まかに筆で付けていきあとは指でポンポンとなじませていくとキレイに目立たなくなります。是非やってみてくださいね。

共通ポイント

全ての悩みに対して共通していえることは塗ってます感を防ぐために指でなじませることですね。なじませることで密着力・キープ力も期待できます。

 

厳選プチプラコンシーラー

30代の肌の悩み別にコンシーラーのタイプと付け方について紹介しました。数あるコンシーラーの中から自分に合ったものを選ぶのって難しいですよね。今回は私も使用しているプチプラのもの、SNSで人気のものを厳選してみたのでぜひあなたの役にたてばと思います。

The Sem ザセム カバーパーフェクション チップコンシーラー

とにかくお手頃な上に優秀なSNSでも人気のザセムのコンシーラーは、リキッドタイプですが、高いカバー力を発揮します。私もインスタで良いなと思い使用していますが、なじみもよく伸ばしやすく本当に使いやすいです。広すぎないシミやクマに効果があります。クマにはスティックタイプがオススメとお話ししましたが、こちらのザセムでも十分クマも隠してくれます。

ただ一つ注意してほしいのが、キャップを閉めるとどうしても中のリキッドが漏れてきてしまいます。ポーチに入れるときはしっかりティッシュで拭いてからしまってくださいね。

なおみ
なんといってもリピートしやすい価格帯が嬉しいですね

セザンヌ ストレッチコンシーラー

リキッドまではいかないですが、やわらかいパウダー状の形状なのでほどよく密着してくれます。目元のシミやほうれい線はもちろん、クマにも効果が高い一品です。

小学生の頃に出来たクマが消えず、デパコス・プチプラ問わずに数えきれないほどのコンシーラーを試してきました。
 
(中略)

とても良いです!!!しっかり隠れるというより、クマをぼかして自然に見せてくれるイメージだと思います。うっすらクマがある人、くらいの印象になる感じ。私のクマは凄く濃いので、完璧に隠せるものは求めていないから十分です。そこまで頑固なクマでなければきちんとカバーできるのかもしれません。ヨレはなく、乾燥によるシワが多少あるものの許容範囲内だと思います。これを塗った後にザセムのコンシーラーを薄く塗るといい感じ。

プチプラで良い商品に出会えて嬉しいです!アンダーアイブライトナーの購入を考えている方はまずこちらを使ってみて欲しいです。十分だと思います。

引用:amazon
なおみ
他にも種類があるセザンヌですが、ストレッチコンシーラーはハイライト効果もあるというのがオススメです。

コフレドール アイゾーンコンシーラー

上の二つと比べると値段は高めですが、1本持っておいて損はないです。実際に私も使っていますが、目の下のクマ・くすみを自然にカバーしてくれます。固形のスティックタイプですが、ほどよく柔らかいので直接塗って指でポンポンとなじませると自然に隠れるのはもちろん、ハイライト効果も抜群です。

メイベリン フィットミーコンシーラー

SNSでもとくに毛穴隠しに効果があると人気なのがこちらです。こちらもリキッドタイプですが、なんといっても乾燥しにくいという点が良いです。名前のとおり肌に自然にフィットしてくれます。色展開も豊富なのであなたに合ったカラーが見つかると思います。

なおみ
どんな悩みにも対応してくれるものなら他にあれこれ迷う必要もないですね

 

まとめ

まとめ
  • アラサーとアラフォーで肌悩みが微妙に違う
  • コンシーラーの種類は大きく分けて5つ
  • コンシーラーは選び方を間違えると浮いてしまう
  • 悩みに合ったコンシーラーを選ぶと綺麗に隠れて自然な仕上がりに

女性はいつも、そしていつまでもキレイでいたいと願う生き物です。できるならすっぴんでもキレイな肌と言われたいけど、なかなかそうはいきません。肌悩みで隠せるところは自分に合ったものでうまく隠していくのもオシャレの秘訣です。それで笑顔が続くなら自分にとっても周りにとっても幸せなことですよね。

肌悩み別にコンシーラーのタイプをオススメしましたが、その時の体調や皮脂の量により合う合わないもあると思います。でも、やっと自分に合ってる!というものが必ず見つかるはずです。笑顔をキープするためにぜひ自分に合った一品を探してみてくださいね。

「自分に合う色のコンシーラー選び」は自分の素肌の色を知ってから!

2020年8月22日

そばかすを綺麗に隠すおすすめコンシーラーの色とタイプと使い方

2020年8月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です