一重にはマツエクとまつげパーマどっちがおすすめ?違いを比較

一重は二重に比べてアイメイクが難しく、ビューラーを使いたくてもまぶたが邪魔して根元からカールできなかったり、ビューラーで上げても時間が経つと下がってきたり、マスカラを塗るとさらにカールが落ちたりなど苦労も多いです。

結論から言うと、この様な苦労を改善したい場合、個人的にはまつげパーマをおすすめしたいです。マツエクはエクステなので根元からカールさせるものではありません。まつげパーマを根元からかけるとこれを改善することができます。しかし、自まつげが短いとカールをかけられない場合もあります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、どちらがあなたにとって理想のまつげを得られるのか、全てをふまえた上で選んでみてくださいね。費用や自まつげにかかる負担など気になる部分も比較していきます。

一重だからではなく、何を求めるかで決める

最終的にマツエクかまつげパーマかは「一重を生かしたいのか」「二重になりたいのか」求める効果によって決めることが大切です。それぞれの得られる効果をお伝えします。

マツエクは華やかな印象を保ち、メイク時間を短縮できる

マツエクはボリュームを増やしたり、まつげを長く見せることが出来るので、自まつげが短くても一重を生かした目元にすることが出来ます増やす本数など様々なデザインを選べるのと、マスカラも必要なく、常に理想のまつげを保つことができます。華やかな印象を保つことができ、まつげメイクをしなくてよくなるので、メイク時間を短縮できるのが最大のメリットです。

ただし一重の人がマツエクをする場合、注意したいのはカールのデザインです。マツエクだと根本からまつげを立ち上げることはできません。下がっているまつげにマツエクをつけると、まつげの途中からカールするようなデザインになってしまったり、マツエクが目にかかってしまう可能性があります。

まつげパーマはノーメイクやナチュラルメイクでも映える

まつげパーマは自まつげを根元からカールさせるので、一重の人は目元が明るくなります。まぶたが重すぎない人は二重になる可能性もあります。逆さまつげや下向きまつげで悩んでいる人は、まつげが上向きになりますし、まぶたまでリフトアップ出来ます。ただし、まつげを長くしたり増やすわけではないので、自まつげが短い人はカール出来なかったり、まつげを強調するにはマスカラをする必要があります。

ビューラーを毎日使って自まつげを引っ張るよりも、まつげパーマの方が自まつげへの負担が減りますし、ナチュラルメイクやメイクをしていなくても可愛くいたいという人にはオススメです。

  • マスカラが落ちてパンダ目になってしまっていた!など、失敗をしたくない特別な日や自まつげが短すぎるという人はマツエク
  • 二重になりたい、マスカラをせずにナチュラルだけどパッチリ目元になりたい!という人はまつげパーマ

 

一重の方におすすめのデザイン

一重でマツエクをした場合と、まつげパーマをした場合の見え方をご紹介します。

マツエクのデザイン

ナチュラルな長さでマツエクをつける事で、目元が強調されていますね。信頼できるアイリストさんであれば、あなたに合ったマツエクを提案してくれるはずなので、一重でもナチュラルなカールをもってまつ毛を長くする事ができます。

カールの仕方やマツエクの長さを1ミリでも変えるだけでも、印象が変わりますね。

自まつげを根本からリフトアップした状態で、まつげエクステを付ける矯正エクステというものもあります。マツエクだけのカールでは満足できなかったり、まつげの上がり方が左右非対称の人や、下向きまつげの人にオススメです。ただし通常のエクステよりもヨレたり取れやすい場合もあり、費用も高くなります。

一重でも自まつげが長い人は、エクステが長くても不自然にならずパッチリ目元に仕上がります。

まつ毛パーマのデザイン

まつげパーマをかけることで、根元からしっかりカールされていますね。毎日まつげ美容液を塗り、ケアしてあげることで、マスカラいらずのまつげパーマだけでもバッチリ目元になれる可能性があります。

まつげパーマをかけることで隠れていた自まつげが現れて、全く別の印象になります。まぶたも持ち上がっているので、目尻が二重になっていますね。

毎日ビューラーを使って自まつげに負担をかけるよりも、まつげパーマをしてまつげ美容液でケアをしてあげる方が自まつげへの負担はかかりません。

まつげパーマをしても上がりずらかったという人は、カールで使うロッドの選定の違いの可能性もあります。まつげの生え方やまぶたの形も人それぞれ違うので、しっかりと相談できるお店を選ぶことも重要ですね。

マツエクとまつげパーマの仕上がりを見て、あなたの理想の目元をイメージできましたでしょうか?これからそれぞれのデメリットも比較していきます。

 

マツエクとまつげパーマのデメリット

マツエクは定期的なお手入れが必要

マツエクは定期的にお手入れしないとまつげの長さがバラバラになってしまったり、クレンジングもなるべくオイルフリーのものを使用してシャワーの水圧がかからないようにするなどケアに手間がかかります。まつげパーマに比べると費用も高くなります。マツエクは人工のまつげを専用の接着剤で着けていくので、この接着剤が合わずにアレルギー反応が出てしまう人もいます。

一重の場合、自まつげが下向きに生えていたりするとマツエクをつけることでさらに重みが増してしまいます。上向きまつげやパッチリ目元にするのには難しい場合もあります。

まつげパーマは自まつげが痛む可能性がある

まつげパーマは、薬剤を使って自まつげをカールさせます。現在は髪のパーマ液と同じものを使っているわけではないので、まつげカールと呼ばれていることもあります。しかし、まつげパーマを何度もかけていると、髪同様に傷んだりちぢれてしまう可能性があるので注意が必要です。

元々自まつげが短い人は、器具でカールできない可能性があります。目尻だけまつげを増やしたいなどは出来ないので、自まつげ次第となりデザインの幅もありません。

注意
マツエクもまつげパーマも、美容所登録済みの国家資格となる美容師免許を持っているアイリストさんがいるお店を選びましょう。

一重だと自まつげが長いのか短いのか、まぶたが持ち上がるのか、自分ではわからないこともあると思います。信頼できるアイリストさんがいるお店を見つけて、マツエクかまつげパーマにするか、自分の中で理想のまつげを明確にして施術時に自まつげを見てもらい、お店の人に相談して決めることが大切です。

 

費用・自まつげへの負担・持続期間の違い

マツエクの方が高価になる

マツエクは平均的に約7000円〜となりますが、本数やデザインによって値段の変動があります。お店によってこだわりの毛質を使用したり、サービスによっても値段が上がっていくことがあります。

マツエクはデザインやアフターケアの方法で持続するかどうかが格段に変わるので、低価格だと自まつげに合ったデザインの提案がなかったり、アフターケアの説明が不十分だったりする可能性があります。高価格のサロンはカウンセリングに時間をかけ、疑問解決や提案をしてくれるなどサービスが充実しています。初めてのマツエクは安易に低価格に決めず、安心して任せられるお店を見つけましょう。

マツエクに慣れてきてから、少ない本数を足したり、部分直しをするなど頻繁に通うのであれば低価格のお店を利用するのも良いと思います。

まつげパーマはビューラー式だと約2500円〜、ロッド式だと約6000円〜となります。

ビューラー式は普段使うビューラーと同じ様にまつげを挟んでカールをかけていく方法です。根元からまつげを立ち上げられますが、カールが均一にかかりにくく綺麗なカーブを作ることが難しい場合もあります。約30分前後と短時間で施術が出来ます。

ロッド式は、シリコンのロッドに毛を1本ずつ巻きつけてカールさせる方法です。ロッドによってカールのデザインを変えることができるので、ビューラーより均一にカールをかけることができます。料金はマツエクとあまり変わらず、1時間前後とビューラー式よりは長い施術時間になります。

なおみ
ホットペッパーに掲載されているのはほとんどロッド式と言われていますが、どちらの施術方法になるのかはお店に確認してくださいね!

どちらも体験してみて、自分にあったまつげパーマを見つけるのも良いですね。

自まつげを育てたいならまつげパーマ

自まつげの上に何かを乗せること自体が自まつげへの負担となります。マツエクにしてもマスカラにしても、上まぶたに必要以上の負担がかかることは間違いありません

マスカラの場合は何度も塗り重ねたり、クレンジングで毎日ゴシゴシこすってしまうことでさらに負荷がかかります。しかし、マツエクの場合はマスカラの様にゴシゴシこすって落とすことはないので、正しいアフターケアを教わって丁寧にケアすれば自まつげへの負担を少なくすることができます。

つけまつげなど今では自分で出来てしまうので接着剤を安易に考えがちですが、安価で早く乾いて多く接着できる接着剤は、質が悪いものを使っている場合もあるので注意が必要です。マツエクをするには品質が良く安全性が高いものを使用しているかどうかなど、安いからと値段で決めずにしっかりとお店を選びましょう。

マツエクの接着剤が肌に合うかどうか、パッチテストを行ってくれるお店もあるので事前に相談してみましょう。

自分の状態に合わせたマツエクのバランスを見極めて、ボリュームや長さ・太さまで相談に乗ってくれる様な丁寧なカウンセリングをしてくれるお店を選ぶことも大切です。一人一人に合わせた施術をしてくれるマツエクであれば、自まつげへの負担を最小限に抑えることができます。

まつげパーマの場合、薬剤を使い、さらに熱を与えるので、髪のパーマ同様に自まつげに負担はかかりますまつげにもキューティクルが存在するので、薬剤とカーラーによる熱でキューティクルをはがしてしまう可能性があります。キューティクルへのダメージによって当然自まつげもパサついたり乾燥してしまいます。

基本的にビューラーを使うだけでも自まつげに負担はかかっています。ただまつげパーマによってビューラーを使う必要が無くなり、毎日まつげ美容液を塗ることで自まつげにツヤが出たり伸びる可能性はあります。まつげパーマをした後にマスカラをしたい場合は、お湯で落とせるフィルムタイプを使ってなるべくこすらずにクレンジングするなど、マツエク同様に丁寧なアフターケアをすることが大切です。

なるべく負担をかけない為に大切なこと
  • 自まつげの状況をしっかり見極めてアドバイスしてくれるお店を選ぶ
  • 信頼できる接着剤や薬剤を使用しているか聞く
  • 自まつげに負担をかけないアフターケアの仕方をしっかりと教わる

持続期間

マツエクは平均で2〜3週間持続します。綺麗な状態が続くのは長くても2週間ほどで、それ以降は減っていくことが多いです。質の良い接着剤を使用しているかどうか、施術後のケアの仕方によって差が出てきます。基本的に1ヶ月ごとにメンテナンスする事が理想とされています。

まつげパーマは約1ヶ月持続します。ただし、まつげパーマは自まつげへ負担を考えて、再度パーマをかける場合は1ヶ月半以上期間をあけた方が良いです。

 

まとめ

  • マツエクは一重を生かしてボリュームを増やしたり長くしたりデザインを選ぶ事ができる。
  • マツエクは短い自まつげでも施術できて、自まつげの負担となるマスカラを使わず常に華やかな印象で居られる。
  • まつげパーマは根元から立ち上げるので、まぶたが重くなければ二重になることも。
  • まつげパーマは、短いまつげだと施術できない場合がある。
  • 自分ではどちらか選べない!という場合は、信頼できるお店に一度相談する。

一重だと自分では自まつげが長いのか、まぶたが重いのか、正確に判断することが難しいと思います。信頼できるアイリストさんがいるお店を探して、エクステとまつげパーマのどちらが自分のまつげにとって最適なのか一度相談してみることも大切です!

どちらにしても価格だけで決めずに、美容師免許を持っているか、信頼できる薬剤などを使用しているかなど、安心して任せられるサロンを見つけましょう。あなたの理想のまつげを得られる手助けになれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です