パソコンのマウスの調子が悪くなったら試してみたい掃除方法

パソコンのマウスの掃除してますか?

あまり掃除したことないですよね?実はマウスって、手で触れている時間が長いからすごい汚いんですよ。

それに、反応が遅くなったり、センターホイールを動かしてもスクロールしなかったりという経験したことありませんか?実はそれ、マウスの中が汚れていたり、ホコリが詰まっているせいかもしれないんです。

ただ単に、故障した寿命がきたという場合もあるんですが、マウスの調子が悪いなと思ったら、買い換える前にぜひ掃除してみてほしいと思います。

なので今回は、パソコンのマウスの掃除方法を紹介していきます。

マウスを分解して掃除する方法

マウスを分解して、中を掃除していきましょう。分解と言っても、簡単で時間もそんなに掛からないです。

分解に必要な道具

分解に必要な道具を紹介します。

  • ドライバー
  • 無水エタノール
  • 綿棒
  • ブロアー(エアダスター)

ブロアーはなくても掃除はできます。

マウスの分解方法

マウスを分解していきます。マウスの底面部分にネジがあるのでネジを外します。ネジがシールで隠れていることもあるので、その場合はシールをはがしてください。

ほとんどはプラスドライバーで外せますが、六角の場合もあります。

ネジを外したら、簡単に上の部分が外れます。

コネクターは外さなくても大丈夫です。

なおみ
外したネジは小さいので無くさないようにしましょう。

マウスの中の掃除方法

分解したら中の掃除をしましょう。

掃除をしたことがない人は、結構ホコリやゴミが溜まっていると思います。

そこで、ブロアーを使います。ブロアーとは下の画像のようなものです。一眼レフなどカメラの掃除でも使われます。


引用:Amazon

ブロアーがない場合は、息を吹きかけてホコリなどを飛ばせばいいのですが、マウスは電子機器です。唾が飛んだりしたら故障の原因になるかもしれませんので、できればブロアーやエアダスターを使った方がいいでしょう。

ブロアーやエアダスターはネットや100均で買えますので、一つは持っておいてもいいと思います。パソコンのキーボードのお手入れにも使えるので便利です。

引用:Amazon

中のホコリやゴミをブロアーで吹いたら、綿棒に無水エタノールをつけて、細かいところを拭いていきます。

無水エタノールは、ドラッグストアなどに売っています。


引用:Amazon

無水エタノールには水分が含まれていないので、電化製品の掃除に使っても大丈夫です。揮発性も高くすぐに乾きます。

中を拭くときの注意点は、力を入れすぎると細かい部品を壊してしまうので、優しく拭くということを意識して掃除しましょう。

スクロールしたときに、反応が悪いという人は、センターホイールの部分を重点的に掃除してあげると、反応が良くなるかもしれません。

拭き終わったら、拭いた部分がしっかり乾いていることを確認して、外した上の部分をはめて、ネジをしめて元に戻します。

これで、中の掃除は終わりです。

分解しないで掃除する方法

分解しないで掃除する方法は、表面・底面部分を拭いていくだけなので、分解して掃除するより簡単です。

なので、定期的にやってもらいたいと思います。

必要な道具

  • 無水エタノール
  • ティッシュペーパー
  • つまようじ

マウスの表面・底面の掃除方法

手順は簡単です。

手順
  1. 無水エタノールをティッシュペーパーに含ませる
  2. マウス全体を拭く
  3. つまようじで隙間の埃を取る

これだけです。

マウスの表面部分は手で長時間触れているので、手垢がたくさん付いています。その手垢を落とすために、無水エタノールをティッシュペーパーに含ませて、マウス全体を拭いていきます。

手垢は油分を含んでいます。アルコールには、溶解作用があるので綺麗に拭き取ることができます。

表面部分を拭き終わったら、底面部分も同じく拭いていきます。

表面・底面部分を拭き終わったら、クリックボタンセンターホイール近くの隙間に詰まっているホコリやゴミを、つまようじで取っていきます。

これで掃除は終わりです。

手で触れる部分が汚れていると、衛生的によくないのでこまめに掃除するといいかもしれません。

なおみ
無水エタノールで拭く方法は、手でよく触れるテレビのリモコンやパソコンのキーボードの掃除にも活用できます。

マウスパッドも綺麗にしよう

マウスを綺麗に掃除したら、ついでにマウスパッドも綺麗にしてしまいましょう。

マウスを掃除しても、マウスパッドが汚れているとすぐマウスが汚れてしまいますし、今では少数派ですがボール式のマウスだとゴミを巻き込んでしまいます。光学式のマウスでも、汚れが原因で滑りが悪くなったり反応が遅くなる可能性があるので、綺麗にしておきましょう。

マウスパッドも無水エタノールを含ませたティッシュペーパーで拭けば綺麗にできるので、マウスの表面を拭いたときのついでに、拭いてあげればいいと思います。

 

まとめ

  • マウスを分解して掃除する方法はとても簡単
  • マウスの調子が悪いと思ったら、買い換える前にまずは掃除してみる
  • 調子が悪くなくても、時々分解掃除してあげると長持ちする
  • マウスの表面・底面部分は拭くだけでOK
  • 表面部分は定期的に手の脂を落としてあげる

どれも簡単な掃除方法だと思うのでマウスの調子が悪いと悩んでる人などは、いつでも簡単にできますのでぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です