簡単掃除で石灰化したトイレの黄ばみや気になる悪臭とサヨナラ

以前、トイレの頑固な黒ずみ掃除は意外と簡単に綺麗に落とせる!!トイレの頑固な汚れを簡単にキレイにする方法はコレだ!で、汚れが発生する原因や掃除方法について別の記事で説明しました。

トイレの汚れでよく取り沙汰される黄ばみ汚れなどは尿の石灰化によるもので、見栄えだけでなく悪臭の原因にもなり厄介な汚れとなります。加えて石灰化してしまうと非常に頑固になり普段の掃除では中々除去が難しいのですが、正しい対処法を知っていればプロに頼らずにある程度は対処が可能です。

今回は、石灰化した汚れの対処方法について説明していきたいと思います。

石灰化した汚れとは?

簡単に言うと、『水道水や尿に含まれているカルシウム塩が沈着して結晶化したもの』です。トイレに限らずキッチンなどの水場で、水道の蛇口周りに白い固形物が付着していたりすることを見かけたことはないでしょうか?これは付着した水道水の水分が蒸発して、残ったカルキが徐々に石灰化してできていったものです。

水道水によって生じる結晶も勿論気持ちの良いものではありませんが、トイレで特に厄介なものは尿が石灰化した結晶です。見た目はもちろんのこと、アンモニア臭の発生原因にもなってしまいます。

石灰化させないことが重要!

石灰化した汚れが非常に厄介であることは火を見るより明らかですよね。それならばそもそも石灰化させなければよいのでは?ということで予防のために重要なポイントを理解しておきましょう。

大前提として、何よりトイレの汚れを放置しないことです。

トイレの流し忘れや故障による水量の低下なども大きな原因となります。また、当然日々のこまめな掃除も重要になってきます。特に便器の縁裏などは普段のトイレ掃除では中々手が出ず、飛散した尿が付着したまま放置されているということもありがちですね。目立たないところこそ注意が必要です。

基本的なトイレの掃除方法、頻度については毎日使うトイレを楽に綺麗にしよう!今すぐできて超簡単な掃除方法で紹介しています。

なおみ

何事も日々のケアが重要です!

石灰化してしまった汚れの落とし方

とは言え、トイレを清潔に保つように心がけていたら絶対に予防できるかというと、そういうわけにもいきません。実際に汚れが付いてしまったときどうしたら良いのか?お勧めの洗剤や掃除をする際のコツをこれから説明していきます。意外と簡単にできるので、是非試してみてください。

酸性の洗剤が有効

石灰化による汚れはアルカリ性のため、酸性洗剤で中和させて落とすことができます。市販のトイレ用洗剤で酸性表示ある洗剤であれば問題ありませんが、便器の奥まった部分に届かせたりするのには容器に吐出工が付いているものが使いやすくて便利なのでお勧めです。

塩素系洗剤は今回のような汚れにはあまり効果が期待できません。黒ずみ汚れのようなカビなどの菌類に対して有効ですので、しっかり使い分けることが大事ですね。

サンポール

引用:amazon

けんじ

もはや周知の事実かもしれませんが、酸性洗剤と塩素系洗剤は混ぜると有毒な塩素ガスが発生しますので、取り扱いには十分注意しましょう。

掃除のコツ

では、実際に洗剤を使っての尿石掃除の効率的な方法を確認していきましょう。手順としてはそれほど難しいことはなく、特別な道具も必要なく意外とお手軽にできる内容となっています。

  1. トイレの水を抜く
  2. トイレットペーパーに洗剤を付けて、尿石に当てる
  3. 上からさらに洗剤をかけて置いておく
  4. 水で流す

トイレの水を抜く

水にそのまま洗剤を投入しても希釈されてしまい効果が落ちてしまいます。便器の水だまりに尿石がある場合は水抜きを先に行ってください。尿石の付いている部分が縁裏などの水につかっていない部分だけの場合は飛ばしてください。

水を抜くと下水の臭いが登ってくるので、トイレのドアを閉めて換気扇を回しておきましょう。

けんじ

水抜きはホームセンターで売られているようなポンプを使ったり、雑巾などに含ませて取るといった方法がありますよ。

サイフォンポンプ

引用:amazon

トイレットペーパーに洗剤を付けて、尿石に当てる

次に適度に折りたたんだトイレットペーパーに洗剤を付けて尿石に当てます。ちょうど湿布を貼るようなイメージですね。さらにこの上から洗剤を適量かけましょう。こうすることで尿石に洗剤を浸透させ、汚れを剥離させます。この状態でしばらく放置しておきましょう。

水で流す

汚れが浮いてくるとトイレットペーパーに色移りしていきます。これを確認して、最後に水でトイレットペーパーごと流して完了です。流れ残りがあるようでしたらブラシでこすって流しましょう。

こちらの動画がとてもわかりやすいですよ。

どうしても汚れが取れないときは・・・

一連の方法で汚れが落ちないときは、ヘラやサンドペーパーなどを使って直接尿石を削るという手段もあります。

ただし、この方法は便器の表面を傷つけてしまう恐れがあるのであまりお勧めはしません。便器の表面に傷がついてしまうと、今度はその傷に汚れが蓄積しやすくなるんです。安全策としては、掃除のプロであるハウスクリーニングにお任せするのも一つの手段です。

まとめ

  • 尿や水道水に含まれるカルシウム塩が石灰化し、尿石などの汚れとなる
  • 石灰化した汚れはアルカリ性のため、酸性洗剤が効果的
  • 洗剤はただかけるのではなく、汚れに染み込ませる
  • 物理的に削り取るのは最終手段

悪臭の原因となり私たちを悩ませる頑固な尿石も、今回紹介した方法ならば特別な道具や技術がなくても尿石汚れの掃除は可能です。お悩みの方は是非一度挑戦してみください。

嫌な臭いと黄ばみ汚れからサヨナラしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です