お風呂の水垢汚れには酸性洗剤!スルッと落とす楽チン風呂掃除!

けんじ
お風呂に水垢がついているね
なおみ
そうね、気になるわね。きれいに掃除するわ!

毎日お風呂を使っていると、どうしても汚れてきます。水垢や石鹸、シャンプーの残りかすなどで、鏡に白い斑点がついて見えにくくなったり、床も汚れてきたり。

さあ水垢汚れのついたお風呂を掃除しよう!と思ってお風呂用洗剤を買いに行くと、種類がいっぱい。水垢にはどんな洗剤が向いているかよくわからない…という人もいるでしょう。そんな人のために水垢汚れに適した洗剤の選び方をご紹介します。

洗剤には3つの種類がある

風呂用洗剤は酸性・中性・アルカリ性の3つの種類があります。自分がどんな汚れを落としたいかで、洗剤を使い分けることが必要です。ここでは3種類の洗剤がどのような効果があるかを説明します。

酸性洗剤

酸性洗剤はアルカリ性の汚れを落とすのに最適です。アルカリ性の汚れといえば、水垢・湯垢・シャンプーや石鹸の残りカスです。鏡や蛇口などについた白い斑点はこのアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤を使って落とすときれいに落ちます。洗浄力が強いので、毎日の掃除には向いていません。

中性洗剤

中性洗剤は軽い汚れに向いています。前しっかり掃除したから今日は軽い掃除をしようという日は、中性洗剤を使って掃除しましょう。中性洗剤は素材が痛みにくいので、金属が錆びたりプラスチックを痛めたりしません。洗浄力は弱いですが、ある程度の汚れは落ちますので、日々の掃除に適しています

アルカリ性洗剤

アルカリ性洗剤は皮脂汚れを落とすのが得意です。浴槽についた皮脂汚れはアルカリ性洗剤を使うとするっときれいに落ちます。ただしアルカリ性洗剤は洗浄力が強すぎるので、毎日の掃除には適していません。日々の掃除では落ちきれない汚れが気になってきたら使うようにしましょう。

けんじ
洗剤って3種類もあるんだね!
なおみ
そうよ、汚れによって洗剤を使い分けるといいの

お風呂掃除には酸性洗剤が適している

お風呂の汚れは、主にアルカリ性の水垢や石鹸、シャンプーの残りカスなどです。まずは酸性洗剤を使って掃除をしましょう。浴槽の汚れは皮脂が原因になっていますので、アルカリ性洗剤を使いましょう。

酸性洗剤とアルカリ性洗剤を一緒に使うと効果が弱まってしまうので、別の日に掃除することをお勧めします。

酸性洗剤でパック

水垢がしっかりついているときには、酸性洗剤でパックをすると簡単に汚れが落ちていきます。

手順
  1. キッチンペーパーを貼る
  2. 酸性洗剤を吹き付ける
  3. 時間を置く
  4. シャワーで洗い流す

1.キッチンペーパーを貼る

椅子や洗面器、鏡など表面積の広いものに水で濡らしたキッチンペーパーをぺたっと貼ります。シャンプーの底などにもキッチンペーパーを巻き付けていきます。

2.酸性洗剤を吹き付ける

その上から酸性洗剤をシュッシュとスプレーしていきましょう。シャンプーなど容器の底がヌルヌルした汚れも酸性洗剤で落ちます。

金属部分は錆びる恐れがあるので、酸性洗剤パックは厳禁です。キッチンペーパーにスプレーするときも、金属部分にかからないように注意します。

補足
皮膚に直接つくと荒れるので、酸性洗剤を使うときにはゴム手袋を忘れずに

3.時間を置く

すぐに洗い流さず、30分から1時間ほどそのまま置いて、時間が経ったらスポンジで軽くこすりながら洗い流します。水垢が落ちてきれいになります。

なおみ
あれだけ気になっていた水垢が落ちて、鏡が見やすくなったわ
けんじ
シャンプー容器も洗面器も新品みたいだね

4.シャワーで洗い流す

酸性洗剤が残らないように全体を洗い流します。シャワーでまんべんなく流し、酸性パックをした容器などももう一度流しましょう。

なおみ
酸性洗剤を使うと、本当に水垢がきれいに落ちるんです

金属部分の掃除

金属部分は酸性洗剤を長時間つけると錆びるので、さっとスプレーしてスポンジでこすり洗い流します。洗剤が残らないように、しっかりと洗い流しましょう。

酸性洗剤と塩素系洗剤は一緒に使ってはダメ

お風呂のカビなどを落としたいときには、塩素系洗剤を使うことがよくあります。水垢とカビを一緒に落としたいと思って、手っ取り早く2つ同時に・・・は絶対にNGです酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜると、有害なガスが発生し危険です。パッケージにも「混ぜるな危険!」と書かれていることも多く、注意書きは必ず守るようにしましょう。

塩素系洗剤を使うのなら、酸性洗剤を使ってから1日以上空けてください。そうすると酸性洗剤の影響がだいぶん薄くなっていますので、塩素系洗剤を使っても大丈夫でしょう。次の日に塩素系洗剤を使う予定があるときは、いつも以上に洗い流すことを心得ておくと安心です。

けんじ
混ぜるとそんなに危険なのか、気を付けないと

まとめ

  • 洗剤には酸性・中性・アルカリ性の3つの種類がある
  • お風呂の水垢や石鹸カスには酸性洗剤がいい
  • 汚れをしっかり落とすにはキッチンペーパーを使った酸性洗剤パック
  • 酸性洗剤を使うときにはゴム手袋を忘れずに
  • 酸性洗剤と塩素系洗剤は絶対に混ぜないように

 

お風呂の水垢汚れは酸性洗剤できれいに落ちます。あれだけ気になっていた汚れが、あっという間にピカピカになるので、お掃除していても楽しくできると思います。

酸性洗剤パックを使って、さらに楽してきれいにしてしまいしょう!

お風呂の掃除にオレンジオイルを使うとピカピカになる!?

2019年11月19日

お風呂の鏡を綺麗にするには?頑固なウロコ汚れの落とし方

2019年7月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です