こまめなお手入れでキレイ長持ち!ムートンコートの洗濯方法

ムートンコートは温かいし、かわいらしい雰囲気もあって素敵ですよね。しかし、何度も着ていると汚れやにおいが気になりませんか?

なおみ
頻繁にクリーニングに出せるものでもないですし、できれば自宅で洗いたいですよね。

ムートンコートも、いくつかのポイントに気をつければ自宅で洗濯できます。なんだか扱いが難しそうに感じますが、大丈夫です。ムートン生地の洗濯のコツを紹介しますのでご覧ください。

ムートンってどんな素材?

ムートンとは、羊の毛皮の裏側をスエード加工して表地として使用できるようにしたものです。ファーコートは毛皮のファー側が表地になっていますが、ムートンコートの場合は逆でファー側が裏地になります。独特の温かみのある風合いで、寒い季節にぴったりの素材です。

リアルムートン

リアルムートンは羊の皮を使っています。もとが羊の毛皮というだけあって保温性が高く、適度に湿気を保ってくれるので温かく快適な着心地です。さらに、リアルムートンにはラノリンという天然の油脂成分が含まれているため、柔らかく肌にも優しいです。

ムートン素材は基本的には水に弱いのですが、ちょっとした水滴なら弾く性質があるので、ジュースなどをこぼしても、すぐに拭けば中にしみこまずにきれいに保つことができます。

フェイクムートン

フェイクファーは、フェイクスエードとフェイクファーを組み合わせて作ります。材料はポリエステル、アクリル、ウレタンなどの化学繊維です。ムートンの風合いを再現しつつも、虫にくわれたりカビが生えたりということは少ないので管理しやすいです。価格がお手頃なのもうれしいですね。

ムートンは洗濯できるの?

リアルムートンは基本的に水洗い不可です。しかし、フェイクムートンは自宅で水洗いができるものもあるので、確認してみましょう。

洗濯できるかどうかは自分で判断せずに、必ず洗濯表示を確認してください。水洗い可なら、自宅で洗うことができます。洗濯禁止でしたら、専門のクリーニング店でケアしてもらいましょう。

  洗濯機での洗濯可 手洗い洗濯可 家庭での洗濯禁止
新表示
旧表示

洗濯の手順

では洗濯の手順を紹介します。

準備

使う洗剤

使用するのはおしゃれ着用の中性洗剤です。普通の洗剤は弱アルカリ性で、洗浄力が強い分、少し生地に負担がかかります。おしゃれ着用洗剤は中性なので、汚れ落ちは穏やかですが生地のダメージは少なく、風合いを大切にしたい素材を洗うのに適しています

革用の洗剤もおすすめです。普通は自宅で洗うのが難しい革製品ですが、これを使えば家庭の洗濯機で洗うことができます。もちろんムートンも革製品なので使うことができます。普通の洗剤よりも割高ですが、クリーニングに出すことを考えると、こちらの方がお得と言えます。


引用:革るん!公式ホームページ

部分洗い

汚れがひどい部分は、丸洗いする前に部分洗いをしておきましょう。水に濡らすと汚れがわかりにくくなるので、事前に目立った汚れをチェックしておくといいですよ。おしゃれ着用の中性洗剤の原液をつけ、スポンジなどでたたいて汚れを落とします

ムートンのスエード面についた汚れを落とせる消しゴムもあります。長くムートンコートを使う予定でしたら、一つ持っておくと便利ですよ。


引用:Amazon

手洗いの場合

  1. 洗面台や浴槽に水を溜め、おしゃれ着用洗剤を溶かして洗浄液を作る
  2. 何度か押し洗いをする
    水を含んだムートンコートはとても重くなります。無理に持ち上げると生地を傷める可能性があるので、コートをざぶざぶ動かさずに押し洗いをします。
  3. すすぐ
    水を変えて2回ほどすすぎます。そのまま干すと生地がきしんだようになることがあるので、最後のすすぎで柔軟剤を加えて仕上げます。

手間は若干掛かりますが、間違いない方法ですね。

洗濯機の場合

洗濯ネットに入れる

型崩れを防ぐため、洗濯ネットを使います。洗濯ネットの跡がつくことがありますので、コートを裏返してから入れるといいですよ。目の細かいネットを使うのもおすすめです。

ドライコースで洗う

ファーが水を弾くので、洗濯機にそのまま入れただけだとプカプカ浮いてしまい、十分に汚れを落とすことができません。水を溜めたらコートを一度沈めて吸水させてください。洗濯にはおしゃれ着用洗剤と柔軟剤を使います。

脱水

洗濯機で1分脱水します。脱水するときの遠心力でファー部分にクセがついてしまうので、短時間で脱水します。足りないようなら、形を整えてから1分ずつ脱水します。バスタオルで水分を拭き取る方法もあります。

干す

厚いハンガーにかけ、風通しのよいところで陰干しします。裏面(ファー面)を表側にして干すと乾きが早いですよ。

ブラッシング

乾いたら毛の流れに沿ってブラッシングをします。普通の洋服ブラシでも大丈夫ですが、ムートンコート専用の洋服ブラシもあります。


引用:Amazon

 

日頃のお手入れ

ブラッシング

毛の間にホコリが入り込みやすいので、こまめにブラッシングをしましょう。またファー面の毛がからまっていると見た目も悪いですし、保温性も落ちます。ブラシは取り出しやすいところにおいて、脱いだら収納する前にササっとブラッシングをするクセをつけておくといいかもしれませんね。

部分洗い

汚れが目立つ襟や袖部分は、部分洗いをするのもよいです。スエード面には、先ほど紹介した専用の消しゴムを使うと手間もかからず便利ですよ。

消しゴムがない場合は、おしゃれ着用洗剤を薄めたものをタオルに含ませてたたき洗いした後、濡れタオルで洗剤成分と汚れを拭きとります。ファー面は、固く絞ったタオルでトントン叩くようにして汚れを落とします

終わったら風通しのよいところで水分を飛ばし、ブラッシングで仕上げます。

雨に濡れたら

ムートンは水に弱いです。濡れてしまったらタオルドライし、厚めのハンガーにかけて干します。着用前に防水スプレーをかけておくのもいいですよ。革製品に防水スプレーをかけると、ものによっては色むらができたり風合いを損ねたりすることがありますが、ムートン専用の防水スプレーなら安心です。ムートンブーツにも使えるので便利ですよ。


引用:Amazon

まとめ

  • 洗濯表示をチェックし、洗濯できるか確認する
  • おしゃれ着用中性洗剤や革製品専用の洗剤を使う
  • 生地を傷めないよう押し洗いや、弱い水流のコースで洗濯する
  • 陰干しし、ブラッシングして仕上げる
  • 着用後はブラッシングをしてホコリを落とし、毛並みを整える

ムートンは扱いが難しそうと敬遠しがちですが、洗濯可のものはポイントを守れば自宅でも洗えます。日頃のお手入れも大事だということがわかったので、こまめにケアをして長持ちさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です