捨てる前にひと仕事!みかんの皮でレンジをピカピカお掃除

日々お世話になっている電子レンジですが、あなたは何を使って掃除していますか?市販のレンジ掃除用のシート等もありますが、食品を調理するものですからできれば天然素材のもので口に入れても大丈夫なもので掃除したいですよね。

さて、今回おススメするのはいつもならば捨ててしまうみかんの皮を使ったレンジの掃除方法です。レンジ掃除専用のシートを買う費用も抑えられて節約にもなるので是非やってみてください。

みかんの皮で掃除できるレンジの汚れの種類

みかんの皮で掃除出来るレンジの汚れの種類ですが、レンジの主な汚れは以下の3つの汚れが主な汚れとなります。

水分

レンジの汚れのほとんどは食品から出る蒸気による水分になります。この水分が水垢になり、レンジにこびりついて頑固な汚れとなってしまいます。水分が水垢となって蓄積すると、そこからカビや菌を増殖させる恐れがあるので徹底的に掃除したい汚れになります。

タンパク質

レンジ調理の時に食材や液体から出るタンパク質があります。タンパク質は繰り返してレンジを使ううちに頑固な汚れとなっれ蓄積する傾向があり、水拭きだけではなかなか落としきれない厄介な汚れです。


肉や魚を調理する時やスープや液体がこぼれる事で出る汚れが油汚れです。油汚れは水分やタンパク質よりも厄介な汚れになります。油汚れは水拭きだけでは絶対に落ちる事はありません。

レンジ掃除に有効的なみかんの皮の成分

みかんの皮にはレンジの汚れを掃除する時に汚れを落とす時に大変役に立ってくれる成分が含まれています。ここではその成分についていくつか紹介して行きましょう。

クエン酸

クエン酸はみかんの酸っぱい味の成分といえばわかりやすいと思いますが、果肉だけでなく皮にもしっかりとクエン酸は含まれています。

クエン酸はシンクやお風呂等他の場所の掃除の時によく使われるので知っている方もいると思いますが、水垢を落とす事に適しているのでレンジのお掃除やキッチンの掃除にはよく使われる成分です。また、除菌や消臭もしてくれる大変便利な一面も持っています。

リモネン

みかんの皮に一番多く含まれている成分で、精油成分です。リモネンはみかんの香成分でもありますが、このリモネンが油を分解する事を得意としています。

油性ペンをも分解してしまう強力な成分なので一部のプラスチックやゴムの部品を傷つけてしまう事もあるのでレンジを掃除する時には注意が必要です。また、リモネンには消臭効果もあります。

ペクチン

みかんの皮の内側の白い部分や筋の部分にたくさん含まれている成分がペクチンです。ペクチンはコーティング作用があるので拭き掃除をした後に汚れからレンジを守ってくれる作用があります。金属部分の拭き掃除にも大変適しています。

なおみ
みかんの皮に含まれてる成分はレンジの掃除をするだけじゃなくて、除菌や消臭、汚れから守ってくれる成分もあって本当素晴らしいよね。
けんじ
そうだね。みかんの皮ってすごいんだねー。いつも捨ててたのがもったいないくらいだ。

みかんの皮を使ったレンジの掃除方法

それではいよいよみかんの皮を使ったレンジの掃除方法の手順を紹介していきましょう。

  1. まず始めに、レンジの中をさっと一拭き乾いた布で乾拭きしておきましょう。
  2. みかんの皮をレンジで加熱します。みかんの皮から出る水蒸気が大切なのでそのままみかんの皮をレンジに入れて500wで約2分加熱して下さい。
  3. みかんの皮の外側の部分のオレンジ色の皮を使ってレンジの油汚れを掃除していきます。みかんの皮で油汚れの部分を擦るようにして落としていきましょう。この時、みかんの皮は大変熱くなっているのでくれぐれも火傷には注意してください。
  4. 次はみかんの皮の内側の白い部分を使ってレンジの油汚れ以外の水垢汚れやタンパク質汚れを掃除して行きます。みかんの皮に先に掃除した油汚れがついているので油汚れが再びレンジに付着しないように軽く擦って掃除して下さい。
  5. 最後に乾いた布巾で乾拭きをしたらみかんの皮でのレンジの掃除は終了です。
補足
みかんの皮の量は多ければ多いほどたくさん水分が出るのでたくさん用意してください。
なおみ
みかんの皮を加熱する時に出る水蒸気で消臭もできるし、その水蒸気が汚れを少し浮かせてくれるから絶対にみかんの皮にラップとかしたらダメよ!

みかんの皮はレンジ掃除以外でも大活躍

みかんの皮でレンジの掃除出来る事はわかりました。このみかんの皮は大変優秀な汚れ洗浄効果があるので、レンジの掃除以外にも使う事ができます。

洗濯物の漂白剤として

みかんの皮を天日で干した物を水から煮出した汁を洗濯石鹸と一緒に洗濯すると衣類の漂白ができます。みかんの皮に含まれるリモネンが衣類の奥の油汚れを分解して落としてくれます。リモネンは消臭効果もあり、みかんの皮に含まれるもう一つの成分のクエン酸には除菌効果があるので市販の漂白剤に負けないパワーを持っています。

けんじ
みかんの皮の色素は移らないの?
なおみ
それがね、普通に真っ白に漂白出来るからビックリなの。騙されたと思ってやってみて!
補足
 天日干しのみかんの皮1〜2個分に対して600cc〜750ccの水で煮出した煮汁を使います。煮汁だけでも十分効果はありますがブレンダーで皮ごとドロドロのみかんの皮汁を作ると更にパワーを発揮します。

畳の拭き掃除に

みかんの皮をそのまま水から煮出してその汁に雑巾を浸して固く絞って雑巾掛けをします。みかんの皮に含まれるクエン酸が畳の汚れを綺麗に落としてくれます。また、ペクチンがコーティングしてくれるので畳表の艶出しにも一役かってくれます。

なおみ
このみかんの皮を煮出した汁は多めに作ってスプレーボトルに入れておけばテーブルのお掃除や除菌にも使えるわよ!
補足
みかんの皮3〜4個をみかんの皮がかぶるくらいの水で15分くらいコトコト煮るだけで出来上がります。

まとめ

  • みかんの皮でレンジを掃除出来る主な汚れは水分、タンパク質汚れ、油汚れ。
  • みかんの皮にはクエン酸、リモネン、ペクチンという成分が含まれていてレンジの汚れを綺麗にお掃除してくれる。
  • みかんの皮をレンジで加熱してから掃除する。
  • みかんの皮はレンジの掃除以外にも大活躍。

いつもなら捨ててしまうみかんの皮ですが、このようにレンジの掃除で大変活躍してくれる一面があります。美味しくみかんを食べた後はみかんの皮を使ってレンジをピカピカに掃除してしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です