キッチン掃除の味方!換気扇掃除に「粉石けん」が最強なワケ

キッチン掃除は色々ありますが、中でも一番の難関は「換気扇」。キッチンの中で一番ドロドロ油汚れがひどいです。ちょっとこするだけだと全く落ちず、時間をかけてものすごく力を入れてこすらなってもと汚れが落ちなかったりしますよね。

けんじ

大掃除で苦労するくらいなら、数か月に一回のペースで掃除したら楽なんじゃないかな?

なおみ

毎日、仕事と育児と家事を同時進行でやってたら身が持たないよ。

けんじ

確かに。面倒くさすぎるな・・・

なおみ

健ちゃんは男の人だし、力で汚れを落としてよ!

けんじ

えー油汚れドロドロだし触りたくないよー(汗)

そんなキッチン掃除のラスボス的存在である換気扇の油汚れですが、実は、「労力ゼロにする」、「簡単でスッキリ落とせる」、「まるで新品のように美しくする」最強のアイテムがあるんです!!!

それは...「粉石けん」なんです!

粉石けんを使うメリット

粉石けんを使うメリットはたくさんあります。

高い洗浄力

粉石けんを使う方が簡単に落ちます!

特に油汚れに強く、 30~50度のお湯で溶かして使えばもっと洗浄力がアップします。

あらゆる場面で使えて超万能

お湯を含ませると、ゼリー状になって高い洗浄力を発揮します。また、お湯の割合を変えれば、ペースト状になったり、液体状にすることもできます。このように、粉石けんは自由自在に形を変え、換気扇だけでなくガスコンロ、食器洗い機、更には衣類のお洗濯にも使えます!

環境、身体にやさしい

一つめのメリットでも書きましたが、粉石けんと合成洗剤は違います。それは、含まれている成分が違うからです。

合成洗剤は石油から作られたものもあり、特に肌が弱い方が合成洗剤を使うと手が荒れることがあります。粉石けんには界面活性剤の中の一つの種類、「脂肪酸ナトリウム」が含まれています。この脂肪酸ナトリウムは天然由来成分で、手肌に優しいのです!

また、換気扇のようなキッチンにある物は、食品を扱います。合成洗剤で洗うと、しっかり水洗いしないと溶け残ったまま固まることがあります。合成洗剤が溶け残ったキッチンで食材を扱い、料理をすると思うと、特にお子さんがいる方にとっては不安になりますね。

でも粉石けんであれば天然由来成分でできていますし、また「泡が立っている時だけ」洗浄力を発揮します。ですので、安心してお料理できる環境を整えることができます。

粉石けんを使った頑固な汚れの落とし方

換気扇掃除には粉石けんをお湯に溶かして、ゼリー状にした方がとても効果的です。まるで新品に戻ったようにピカピカになります!

ゼリー粉石けんの作り方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shiori(@s.k.m.f)がシェアした投稿 -

ゼリー粉石けんの作り方
  1. 粉石けんに20〜50℃のお湯を入れて混ぜる。
  2. 3時間放置する。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chiz(@chizsuz)がシェアした投稿 -

この時粉石けんが完全にお湯に溶けきるように意識してください。粉石けんを多めに使う場合は、高めの温度のお湯を使った方が効果的です。

なおみ

当日作るのが面倒な方は前日の夜に作っておいても大丈夫です!

換気扇の掃除の仕方

掃除の手順
  1. 換気扇を取り外す。
  2. 換気扇にゼリー状の粉石けんを塗り付ける。
  3. 1〜3時間放置する。
  4. ペーパータオルで汚れをふき取り擦る。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saya(@snsn729)がシェアした投稿 -

ポイント 
手順②の時、粉石けんを塗った上にペーパータオルを隙間なくかぶせると、より効果が出ます。

粉石けんと油汚れを密着させることができるので、より油汚れを浮かすことができます。また、手順③の1〜3時間放置する時、途中で乾いてきたなと思う時は、霧吹きで湿らせると効果的です。手順④では、しつこい汚れなら、アクリルタワシ堅めのスポンジで擦ると効果的です。

なおみ
驚くほど簡単に落ちますよ!

粉石けんを購入する際の注意点

粉石けんとよく似た商品として、「合成粉末洗剤」があります。どちらも粉末状なので似ていて、粉石けんを買う予定だったのに間違えて合成粉末洗剤を購入してしまったという方がいます。

けんじ
確かに間違いやすいな

粉石けんの特徴

引用:amazon

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いわもと まりこ(@iwamoto_mariko)がシェアした投稿 -

「粉石けん」のパッケージには、「洗濯用石けん」、あるいは「台所用石けん」と書かれています。また、粉石けんの成分には界面活性剤の中の一つの種類であり、天然由来成分である「脂肪酸ナトリウム」が含まれています。 脂肪酸ナトリウムが表記されていなければ、石けんを名乗ってはいけないのです。

それに対し、「合成粉末洗剤」には「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」などの天然由来成分が表記されていません。

どちらも洗浄力という点においてはさほど違いはありません。また、価格は粉石けんの方が少し高いです。合成粉末洗剤の方が安いです。しかし、私は「粉石けん」を選びます。

メリットでも書いた通り、環境・体にやさしく、手荒れすることが無いからです。私は小さい頃から皮膚が弱く、かぶれやすい体質です。ですので、身の回りに置くものはなるべく自然由来のものがいいなと思っています。

詳しくはシャボン玉石けん公式サイトもご覧ください。

 

まとめ

  • 換気扇などの頑固な油汚れには「粉石けん」が最強!
  • 「粉石けん」は高い洗浄力がありながら、環境にも身体にも優しい
  • 「粉石けん」の使い方次第では、様々な場所を掃除できる&洗濯できる!
  • 粉石けんと合成粉末洗剤は違うので注意!

今回は粉石けんを使った換気扇の掃除方法をご紹介しました。粉石けんはキッチン掃除にとても便利ですが、洗濯にも使える優れものです。似たものとして合成粉末洗剤がありますが、それぞれの製品にメリット、デメリットがあるので上手く使い分けるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です