日焼け止めはミネラル成分が必須!?おすすめコスメメーカー厳選3社

子育て中に子供と外に出かけるのは気分転換にもなって良いですよね。

一方で日差しが強い季節になりつつあり、日焼けがどうしても気になります。日焼け止め対策は大丈夫でしょうか?

最近は日焼け止めの商品も多く販売されているので上手く対策をされている方も多いかもしれません。ただ、日焼け止めの成分によっては日焼け止めの効果的である反面肌荒れの原因になる商品もあるようです。

何が原因なのでしょうか?今回は、原因を探りつつ、肌に優しい日焼け止めについて解説していきます。

この記事でわかること
  • 肌に優しい日焼け止めとは?
  • ミネラルコスメとは?
  • 肌に優しいオススメの日焼け止めは?

日焼けの仕組み

肌が紫外線を浴びると紫外線を吸収し肌細胞を防御するための色素であるメラニンが生成されます。そして、黒い色素で紫外線を吸収して紫外線が皮膚の奥底まで浸透するのを防ぎ肌細胞をダメージから防御しています。

つまり、日焼けで肌が小麦色になるのは肌本来の防御機能が働いた結果です。

なおみ
メラニンが生成されても過剰に蓄積されなければ、シミ・そばかすの原因になるわけでないないので安心してくださいね。
けんじ
日焼けのし過ぎに注意なんだね。そもそも、肌の防御機能で肌が小麦色になっているとは知らなかった!

日焼け止めの種類

日焼け止めは「日焼け」を「止める」ためのものなので、紫外線をどう処理するかで2つに分類されます。

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

それぞれについて説明して行きます。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収して、熱や赤外線などのエネルギーに変えて放出することで、肌への侵入を防ぐものです。紫外線を吸収して、熱や赤外線などのエネルギーに変えて放出する際に化学反応を起こすのが特徴です。

・メリット

強力な紫外線防止効果があります。

・デメリット

化学反応が生じるごとに効果がなくなるため、塗り直しが必要になります。また、化学反応で変化してしまった物質が肌荒れやアレルギー反応を起こしてしまう可能性がある。そのため、日本では使用可能な紫外線吸収剤や配合量まで定められています。

なおみ
紫外線吸収剤の取り決めは、厚生労働省が出している「化粧品基準」で決められています!

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤とは、紫外線を反射・散乱させることで、肌への侵入を防ぐものです。紫外線を単純に反射・散乱させるだけなので、化学反応なども生じません。

・メリット

化学変化を起こさないので、お肌への負担が少ないです。

・デメリット

白色顔料で粉体のため、以下の3点がデメリットとしてあげられます。

  1. 肌に塗った時に白っぽくなる
  2. 皮脂を吸収しやすく乾燥を感じやすくなる
  3. 汗で流れ落ちやすくなる

紫外線散乱剤のデメリットを打ち消すために、肌への負担が強くなってしまった商品もあります。具体的には下記のような処理をしているケースです。注意してください。

  • 肌への定着を狙って原料をナノレベルまで細粉する
  • 撥水性を高めるためにシリコーンコーティングする
などです。

けんじ
用途に合うように便利にしようとすることで、また違ったデメリットが生まれてしまうなんて皮肉ですね。

 

何を選べば良いか?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のメリット・デメリットを見てきましたが、実際どちらが良くてどんなものを選べばいいのでしょうか?ここでは選ぶポイントをみてみましょう。

日焼け止めの成分

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤に使われている成分には次のようなものがあります。

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・オクトクリレンなど
引用:カネボウ

けんじ
化学が苦手な人にとっては、カタカナばかりで何だか良くわかりませんね

簡単にいうと「ケミカル」です。デメリットでお話したように化学変化による身体への影響はまだわからないものもあります。ですので、日焼け止めの効果はあるもののちょっとリスクが大きいかなと思います。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤に使われている成分は次のものがあります。

・酸化チタン
・酸化亜鉛
引用:カネボウ

などです。

けんじ
こっちの方がまだわかりやすいですね。

こちらは紫外線吸収剤に対して紫外線散乱剤は「ノンケミカル」と言われます。先ほどもお話したとおり単純に肌にバリアをして紫外線を弾き返しているんですね。どちらが肌に優しいかは想像がつくと思います。紫外線散乱剤ですよね。

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちらか一方で作られたものと両方使われたものがあります。どちらも使われたものは配合割合もそれぞれ違います。

ただ、これらの成分をすべて頭に入れて商品の成分をしっかりチェックするのは厳しいと思います。簡単な選び方は「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」と書かれたものを選ぶと間違いないでしょう。

さらに知っておきたいキーワードとして、ミネラルコスメというものがあります。

ミネラルコスメとは

ミネラルコスメとは、一般的には次のような天然の鉱物などを主成分とした化粧品のことを言います。

  • マイカ
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化鉄
  • シリカ
などです。

現在は具体的な認証機関があるわけではなく、どれか一つが少しでも入っていればミネラルコスメと呼んでいるものもあります。

ですが、ミネラルコスメは基本的に天然由来というのが特徴で、余計なものを加えていない無添加のものが多いです。そのため、肌に刺激があるとされる以下のような添加物が入っていない商品も多く肌に優しくなります。

  • 防腐剤
  • 香料
  • 合成素材
  • 石油系界面活性剤 など

日焼け止めの観点からすれば「酸化チタン」と「酸化亜鉛」が入っていれば紫外線散乱剤として紫外線を反射してくれます。

なおみ
なるべく添加物の入っていないミネラルコスメを選びたいですね。

おすすめメーカー3社

ミネラルコスメを扱っているおすすめメーカー3社を紹介します。具体的な商品としては、日焼け止め効果があるスキンケアクリームの紹介になります。各社ともにミネラルCCクリームやミネラルファンデーションも取り揃えていますので、気になるメーカーがあれば調べてみてください。

ETVOS

日本の化粧品メーカです。ナチュラルサイエンスな最先端なスキンケアとクレンジングいらずの肌を痛めないミネラルメイクの組み合せ、この2つのシナジー効果で、美しさを今よりもっと引き出しますことをコンセプトとしています。

ミネラルUVセラム SPF35 PA+++

引用:amazon

紫外線吸収剤は不使用です。さらに、肌に刺激があると言われるパラベン・シリコン・タルク・ナノ粒子・鉱物油・香料・石油系合成界面活性剤が全て不使用です。

ですので、日焼け止めで乾燥や肌荒れを起こしやすい方、妊娠中の方や小さなお子様など肌の敏感な方にもオススメです。また、しっかりスキンケアの効果も期待できるためスキンケアとUV対策を一度に済ませたいという忙しいママにも嬉しいです。 

日焼け止め特有のギシギシ感が嫌いで、日焼け止めでよく肌荒れするのでなかなか合うものが見つからないのですがこちらは久々のヒットでした。セラムというだけあって肌に引っかかる感じもなく潤い、よく伸びます。この使い心地は本当に嬉しいです。白浮きもせず、カバー力はないでが毛穴をふんわりぼかしてくれます。肌荒れも特にしません。気に入ってストックも買いましたがとても伸びがよくてなかなか減らないので結局5ヶ月くらいを1本で乗り切れました。
引用:アットコスメ

なおみ
1本で5本持つのでしたら、コスパもそんなに悪くないですね。

TOUT VERT

こちらも日本の化粧品メーカーです。もともと成分研究の専門家から生まれた化粧品を扱っているため、美しさへと導いてくれる美容成分を何よりも大切にし、もっと濃密に美容成分を配合し、もっと結果にフォーカスしたいというコンセプトを持っています。

マイルドUVミルク SPF30 PA++

引用:楽天市場

こちらも同じく紫外線吸収剤は不使用です。さらに、肌に刺激があると言われる、シリコン・合成着色料(タール色素)・鉱物油・合成香料・石油系界面活性剤が全て不使用となっています。

また、オーガニック化粧品でよく使われるレシチンなどの天然乳化剤さえも、余計なものを吸収させ過ぎてしまう可能性があるため不使用となっています。

肌への負担を最大限抑えるように仕上げられているため、赤ちゃんにも使えるので子育てママも安心です。石けんで簡単に落とすこともできす。

肌に負担をかけないという点からみて素晴らしい商品です。
石鹸だけでさらりと落ち、保湿がよいです。
肌が滑らかに感じるのに使い心地は重くないです。
以前使っていた商品も悪いものでないのに、かなり軽さを感じます。

それとファンデーションになじむようで
以前使用した日焼け止めより鼻の毛穴が目立たなくなりました。

引用:アットコスメ

 

VINTORTE

こちらも日本の化粧品メーカーです。ミネラルや植物の力を味方につけて、「肌本来のエネルギー」を引き出し、あなたのキレイを目覚めさせるをコンセプトにしています。

SPF50+PA++++ミネラルUVクリーム

引用:楽天市場

こちらも紫外線吸収剤は不使用で、肌に刺激があると言われるパラベン・シリコン・タルク・鉱物油・アルコール・合成着色料・合成香料・石油系合成界面活性剤が全て不使用となっています。

6種の植物エキスと3種の植物オイルが、乾燥ダメージを受けた肌をしっとりと包み込み、キメを整えます。化粧下地にも使え白浮きしない仕上がりになります。こちらも石けんで手軽に落とせます。

ノンケミカルで高SPF。
日光に当たってお肌が荒れることがなく、これはとても使いやすいと感じています。

腕に塗っても顔に塗っても、すーっと伸びてべたつかない。
でもきちんとしっとりしています。

途中、お肌がかさついてくることがないですし、塗った後お肌が白くならないのも、良いなと思います。
香りがないし、お値段が手を出しやすい価格帯なのも、嬉しいです。

引用:アットコスメ

なおみ
紹介したこれらのミネラルコスメなら全て紫外線吸収剤を使ってませんので紫外線吸収剤による肌トラブルを考えずに安心して使えます!
けんじ
全ての商品が肌に優しい作りなので、あとは口コミなどで使用感を見てから選ぶのが良いですね。

まとめ

今回は、肌に優しい日焼け止めとしてミネラルコスメの説明をしてきました。ミネラルコスメを選択すれば自然と肌に優しいものを選択できます。

  • 紫外線吸収剤未使用
  • より天然由来にこだわった製品が多い
  • 余計なものを足していないので、非常に肌に優しい

子育て中は、子供と肌が触れ合うことも多いので、自分の肌に優しければ子供の肌への心配はかなり軽減されます。

ミネラルコスメの中には、忙しい時にお手軽にスキンケアや化粧ができる商品もあります。

子育て生活の中にも是非取り入れてみてください。

日焼け止めがめんどくさい!!手間を省いて簡単にUVケアする方法

2020年6月30日

【紫外線対策】子供に日焼け止めを塗ってないけど大丈夫!?

2020年6月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です