洗濯ネットなしでも大丈夫?ワイシャツのシワを抑える洗濯方法

ワイシャツをパリッと着こなしているとカッコいいですよね。

けんじ
シワの無いパリッとしたシャツを着ていると爽やかな気持ちになるね!
なおみ
そうだね。シワが無くきれいなシャツだと、仕事できるようにも見えるよね!だからこそ、健ちゃんのスーツ姿をカッコよくしたいな。

ワイシャツはクリーニングに出せばパリッと仕上げてもらえます。ただ、毎回出すのも経済的にきつくなりますし、家でも簡単に同じような仕上げができれば言うことありませんよね。

「ワイシャツの洗濯の際には、洗濯ネットが無いとダメなのかな?」
「ワイシャツにシワがよりにくい洗濯方法はないのかな?」
「アイロンでシワを伸ばすしか方法はないのかな?」

といった悩みを持った方も多いと思います。実は洗濯ネットがなくてもシワを極力抑えてアイロンが楽になる方法がありますので紹介します。

アイロン掛けが楽になる?

アイロンが掛かってパリッとしたワイシャツを着こなしていると、清潔感があり印象も良くなり信頼されることに繋がりますよね。逆に、シワが目立つワイシャツだと、だらしなさを感じて印象も悪くなってしまいます。

そのため、ビジネスシーンなどのフォーマルなシーンにおいても信頼をおけない印象を与えてしまいます。また、営業先での評価にも影響します。つまり、シワがなくパリッとしたワイシャツは社会人の必需アイテムなのです。

しかし、ただ洗濯機に放り込んで洗った後のワイシャツは、くしゃくしゃでシワだらけになってますよね。その後のアイロンがとても大変です。ワイシャツのアイロンについては意外と見られている肩の線!?ワイシャツのアイロンがけのコツ綿100%のワイシャツをパリッ!と仕上げるアイロンがけの方法意外と知らない!?半袖ワイシャツのアイロンのかけ方とコツでも紹介してますので、今回はアイロン前の「洗濯」に焦点を絞ります。

ワイシャツのアイロン掛けを楽にするためには「洗濯前」「洗濯中」「洗濯後」で簡単なポイントを押えればいいんです。これだけで、かなりシワの少ない状態で洗い上げることができますので、早速見ていきましょう。

 

洗濯前のポイント

洗濯表示をチェック

自分自身で洗濯方法を判断せず、洗濯する前に必ず洗濯表示を確認しましょう。洗濯に関わる取り扱い上の注意が記載されており、その情報に従うことで正しく洗濯することできます。

洗濯表示については、家でコートは洗濯できる?洗濯マークを理解して正しい洗濯を!ウールのコート自分で洗濯してる?大切なコートを縮ませないためになどでも紹介してますし、消費者庁ホームページでも確認できますので是非確認してくださいね。

ポケットの中をチェック

ワイシャツは元々ポケットがないものですが、やはりポケットがある方が便利ですので、ポケット付きのワイシャツの方が多いと思います。洗濯前に、必ずポケットの中をチェックしましょう。よくあるのが、レシートやペンを入れたまま洗濯してしまうことですね。

レシートなどの紙類を入れたまま洗濯すると、溶けてワイシャツが紙屑だらけになってしまいます。また、ペンだと生地を痛めてしまいますし、洗濯中にインクがこぼれ衣類にインクがついて落ちなくなることもあります。

レシートなどの紙類やペンが、ポケットに入っていないか入念に確認しましょう。

洗濯中のポイント

洗濯ネットは必要?

結論からいうと、洗濯ネットは使った方がいいです。

そもそも洗濯ネットを使用する目的は、「生地の劣化防止」「繊維付着防止」「型崩れ・シワ防止」にあります。

そのため、洗濯ネットがあるのであれば、洗濯ネットにワイシャツを入れて、洗濯するのが理想です。しかし、洗濯ネットがなくても「脱水」のポイントさえ押さえれば、シワ防止の観点からは大きな問題ではありません。

なお、洗濯ネットの有無に関係なく、ワイシャツは裏返しにして洗濯しましょう。なぜなら、汚れをより落とすことができるからです。

ワイシャツは肌が触れる部分(襟・袖口など)が、最も汚れます。ですので、ワイシャツを裏返すことで、その部分を、効率的に洗うことができます。

脱水

ワイシャツにシワができる最大の原因は、「脱水時間の長さ」にあります。

脱水は、水分を強い遠心力により飛ばします。しかし、その強い遠心力により、ワイシャツに負荷がかかりシワがついてしまいます。ですので、ワイシャツの脱水時間は30秒以内がベストです。

そして、脱水した後にそのままにしておくと繊維が固まりシワがついてしまいます。

なるべく早めに洗濯機から取り出しましょう。

 

洗濯後のポイント

ハンガーは厚いハンガーを

脱水後は、できるだけ早く洗濯機から取り出し、ワイシャツを振って大きなシワを伸ばしましょう。次に軽く叩いて伸ばすと細かいシワも伸ばすことができます。

シワを伸ばした後は、肩部分に厚みのあるハンガーを使って干します。

水分を含んだワイシャツ全体の重みで、シワが伸びます。

また干す時には、肩の部分がズレていないかチェックして肩の型崩れを防ぎましょう。


引用:Amazon

ハンガーに掛けたら伸ばす

ハンガーに掛けた後で最後の工程として、襟・袖口・ポケットの部分を、「叩く」「引っ張る」などしてしっかり伸ばしましょう。襟・袖口・ポケットは、シワが残りやすい部分で、あとでアイロンを掛ける時にも掛けやすさに差が付きます。

ここにシワがなくしっかり伸びていると、よりパリッとした仕上がり、見栄えがよくなります。

 

まとめ

  • 洗濯表示を必ずチェック
  • 洗濯ネットはなくても大丈夫
  • ワイシャツの脱水は30秒以内で!
  • 肩部分に厚みのあるハンガーで干す
  • シワが目立つ襟・袖口・ポケットのシワを伸ばして干す

「洗濯前のポイント」「洗濯中のポイント」「洗濯後のポイント」どれも5分もかからない簡単なポイントです。その中でも、シワの大きな原因となる「脱水時間」は、必ず押さえておきたいポイントです。

ここを押さえるだけでもシワ予防の効果があります。もちろん「脱水」以外のシワ予防ポイントを合わせて実行すると、より確実にシワを防ぐことができます。

シワのないワイシャツは、清潔感・信頼感を演出する社会人においては欠かすことのできないアイテムです!ぜひ以上のポイントを押さえて、素晴らしいビジネスライフを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です