ウールのコート自分で洗濯してる?大切なコートを縮ませないために

ウールの洗濯どうしてますか?自分で洗ってますか?クリーニングに出してますか?

クリーニングに出すのは簡単で確実に綺麗にしてくれますが、経済的にそれなりに負担になりますよね。だからといって洗濯機にポイッと放り込むわけにはいきません。

私も以前間違えてのウール素材の物を洗濯機で洗ってしまいとてもショックをうけた経験があります。健ちゃんからの誕生日プレゼントだったのでホントにショックでした・・・その時はもう縮んでしまったら終わりだと思っていたので捨ててしまいました。後で知りましたが、ちゃんと処理すればまだ着ることができる状態に復活できるんです。

今回は、あなたの大切なウールのコートが縮まない洗い方と、万が一縮んでしまった時の直し方を紹介します。

ウールの特徴

あなたもご存知だと思いますが、まずはウールについて簡単にお勉強を。

ウールとは羊の毛の事で、コート、セーター、スーツ、ストールなどに使われます。

ウールは、熱伝導率が低いので、冬はとても暖かく、夏は涼しいといったメリットがあります。その他にも吸湿性がいい、染色性がいい、シワになりにくい、型崩れしにくいなどさまざまなメリットがあります。

しかし良い事ばかりではありません。もちろんデメリットも存在します。それは、とても水洗いに弱いという事です。

水での洗濯はウール繊維を固くすると同時に収縮させてしまいます。

自宅で洗うことはできるんでしょうか?

もちろん自宅で洗うことは可能です。その時に気を付けないといけないのは、必ず「取り扱い絵表示」を確認することです。表示の意味は次のとおりです。


引用:消費者庁

洗濯機で洗うことが可能なものでもなるべく手洗いをオススメします。なぜならウール素材はとても縮みやすいからです。

そしてウール70%以上のものはクリーニング店に出すことオススメします。

手洗いの方法

正しい手順を覚えれば恐れることは何もありません。

手順
  1. 服のサイズに合う容器に30℃のお湯と中性洗剤を入れる
  2. 容器の中で押し洗いを5分ほど行う
    (強く擦ったり揉んだりは絶対にしない)
  3. すすぎ用のぬるま湯(30℃)で押し洗いをし洗剤をよく落とす
    (この時も強さには十分注意してください)
  4. 優しく絞って水気を切る
  5. 服のサイズよりも少し大きめのタオルで包み、しっかりと水気をとる
  6. 形を整えてから日陰で平干しする
    (日向で干すと色落ちすることがあります)

この手順で大事な事が二つあります。

一つ目は30℃のぬるま湯というところです。30℃よりも熱すぎても冷たすぎてもダメです。どちらも縮みの原因になります。できれば、きちんと温度を計ることをオススメします。

二つ目は中性洗剤を使うという事です。こちらも洗剤の種類を間違えると縮みの原因になります。

手順は以上です。

なおみ
くれぐれもお湯の温度には気をつけてくださいね

オススメの洗剤

ここで私がオススメしたい洗剤は「おしゃれ着用洗剤」です。

おしゃれ着用洗剤は、粉や液体の洗濯洗剤よりも洗浄力は劣るものの、その分繊維に優しく傷つけにくいという特徴があります。その他にもおしゃれ着用洗剤を使えば、ふんわりした状態をキープしてくれて、毛玉ができたり毛羽立つのを防ぐ事ができます。

おしゃれ着用洗剤のなかでもウールを洗濯する際は、「ウール認証マーク」が付いている物をオススメします。ウール認証マークとは、ウールマークカンパニーが認証しているという証なので、とても信頼でき、安心して使う事ができます。

そこで今回は「ウール認証マーク」が付いているおしゃれぎ用洗剤を2つ程紹介したいと思います。

ボールド 香りのおしゃれ着洗剤

引用:楽天市場

甘いラズベリー系の匂いで洗いあがりはダメージもなく着心地も凄くいいです。値段も安くコスパがとてもいいです。

なおみ
今の私のお気に入り! 匂いがとっても好き!

エコベール デリケートウォッシュ

引用:楽天市場

植物由来成分で肌にとても優しく敏感肌の方にはとてもオススメ!匂いは控えめで小さなお子さんがいる家庭には特にオススメです。

なおみ
息子が赤ちゃんの時にはよく使いました!

この2つではそれぞれ良い所が違うので、自分の今の状況で選ぶことをオススメします。

縮んでしまったら

間違って縮ませてしまったら、もう元に戻ることはないでしょうか?

いえ、まだ諦めるのは早いです。ヘアリンスやトリートメントである程度復活させることができるんです。

手順

  1. コートが入るくらいの容器に30℃位のぬるま湯を入れる
    (ここでも、30℃というお湯の温度に気をつけてください)
  2. いつも髪に使っている量と同じくらいのリンス、又はトリートメントを入れ良く溶けるまでかきまぜ、そこに縮んでしまった服を入れます。
  3. 2時間ほど置いたらすすぎをせずに脱水をします。
  4. 手で形を整えてから日陰で平干しする。
  5. 半乾きになったら、スチームアイロンで蒸気を当てながら優しく生地を伸ばし、元の大きさになれば完成です。

こちらの動画も参考になりますよ。

オススメのトリートメント


トリートメントと言っても色んな物があります。

ウールの縮みを直す際には、アモジメチコン又はジメチコン入りのトリートメントを使いましょう。これを使うことにより毛の表面がコーティングされ、絡まりが解消され、縮みが元に戻ります。

今回は3つほど紹介しておきたいと思います。

いち髪 濃密W保湿ケア トリートメント【いち髪】

引用:楽天市場

私はこれをよく使います。理由は普段髪を洗う時に使っているというだけなのですが、匂い・仕上がりともに満足です。

他にはこんなものもおすすめです。

ラックス スーパーリッチシャイン アフターサロン カット後用トリートメント【ラックス(LUX)】

引用:楽天市場

エッセンシャル リッチダメージケア トリートメント【エッセンシャル(Essential)】

引用:楽天市場

どれを使えばいいか迷ったら、普段自分の髪に使っている物がいいと思います。アモジメチコン又はジメチコンが入っていれば、大丈夫ですので香りなどお気に入りのものがあればそれで支障ありません。

まとめ

  • ウールも自宅で洗うことは可能
  • 取り扱い絵表示を必ず確認する
  • 洗うときは30℃のぬるま湯で
  • 洗剤はおしゃれ着洗剤を使う
  • トリートメントを使うと縮みを復活させることも可能

ウールはとても優れた性能を持っている分、とても扱いが難しい物です。

紹介した手順で行えば自宅で洗えますし、修復もできます。しかし、少なからずダメージがありますし、そこそこの神経を使いながらの作業にはなると思います。大事なものを「縮んだらどうしよう」などとビクビクしながら洗うくらいだったら潔くクリーニングに出すのも手です。

ですので、特に大事な物は無理して自分で洗わずにクリーニングに出すことをオススメします。特に大切な人からのプレゼントなどは、台無しにしたくありませんからクリーニングに出してプロに任せましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です