トイレ掃除はアルカリ性洗剤と酸性洗剤のどちらを使うのが良いのか?

あなたはトイレ掃除にはどんな洗剤を使っていますか? 洗剤を使っているのにトイレの汚れが中々落ちいなんてこともあるのではないでしょうか?

汚れたままのトイレに行くのはあまり良い気分ではありませんよね。それに、家に人を招いたときにトイレが汚いと印象も悪くなってしまいます。逆に、トイレが綺麗にしてあるとあなたの印象はよくなるでしょう。

実はアルカリ性洗剤と酸性洗剤を使い分けるとより効率的に汚れを落とすことができます。今回、使い分けた方が良い理由や洗剤を使用する際の注意点などを説明していきます。

これで、あなたは家のトイレ掃除に困ることがなくなります。トイレを綺麗に掃除して毎日気分よく生活を送ることができますよ。誰でも簡単にできる方法なので、是非実践してみてくださいね。

酸性汚れにはアルカリ性洗剤、アルカリ性汚れには酸性洗剤を使用せよ

ここではアルカリ性洗剤と酸性洗剤の効果を説明します。アルカリ性洗剤は酸性汚れ(カビ、黒ずみ)を落とし、酸性洗剤はアルカリ性の汚れ(黄ばみ、尿石、水垢)を落とします

汚れといっても様々な種類があります。汚れの種類によって有効な洗剤も異なるので汚れの種類によってアルカリ性洗剤と酸性洗剤を使い分けることが必要です。

そうすることで、効率的にトイレ掃除をすることができます。私もアルカリ性洗剤と酸性洗剤を使い分けるようになってから以前とは比べ物にならない程トイレ掃除が簡単になりました。

 

酸性洗剤は必要以上に使わない

酸性洗剤というのはアルカリ性の汚れを落とすのに効果的ですが、実は酸性洗剤は便器の表面を溶かしてしまうというデメリットがあるのです。

便器の表面が溶かされると、凹凸ができ汚れがより付着しやすくなってしまいます。ですから、必要な時以外は酸性洗剤の使用は避けた方がいいのです。

汚れがつきやすくなってしまうと、トイレ掃除がより面倒になってしまいやる気もなくなってしまいますよね。ですが、これを知っておくだけで洗剤を使用する際のトラブルを格段に防ぐことができます。

 

普段のトイレ洗剤はアルカリ性洗剤がおすすめ

酸性洗剤は必要な時以外は使用せず、普段はアルカリ性洗剤を使いましょう。アルカリ性洗剤は酸性洗剤ほど強力ではないため、便器を溶かすことはありません。

また、アルカリ性洗剤には消臭効果もあるためトイレ特有のいやな匂いの対策にもなります

そのため、どうしても落ちないアルカリ性汚れ以外の清掃の時には酸性洗剤ではなくアルカリ性洗剤の使用がおすすめです。私も普段使用している洗剤はアルカリ性洗剤です。

普段の掃除はアルカリ性洗剤で十分綺麗になりますし、洗剤の消臭効果でトイレの匂い対策もできてまさに一石二鳥。私自身もとても満足しています。

 

酸性洗剤とアルカリ性洗剤を混ぜるのはNG

酸性洗剤とアルカリ性洗剤は混ぜると威力が薄れてしまいます。なぜなら酸性とアルカリ性は混ぜると中和が起こってしまうからです。

酸性洗剤とアルカリ性洗剤を両方使うときはきちんと片方ずつ使い、最初使ったほうを水で洗い流してからもう一つを使うというふうにした方が良いでしょう。

ですが、実際にトイレ掃除で酸性洗剤とアルカリ性洗剤を一度の掃除で両方使うということはあまりなく、どちらかの洗剤の使用で十分事足りると思いますが、頭の片隅に入れておいてください。

 

酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜるのは危険

洗剤の注意書きによく「まぜるな危険」という表示がありますよね。これはどういうことかというと、酸性の洗剤と塩素系の洗剤を混ぜてはいけないということです。

うっかり混ぜてしまうと塩素ガスが大量に発生します。塩素ガスは毒ガス兵器として戦争で使われたこともあるほど危険なガスです。

どのように危険かというと

・刺激臭がする
・皮膚や粘膜の炎症
・目や喉の痛み
・長時間吸い込むと生命の危険も

などがあります。実際に掃除中に塩素ガス中毒になり亡くなった事故が多発したことから「まぜるな危険」と表示されるようになりました。このように酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜることは非常に危険ですが、もし酸性洗剤と塩素系洗剤を誤って混ぜてしまった場合でも少量なら自力での解決方法があります。

混ぜてしまった時の解決方法
・洗剤が目や肌についてしまったならしっかりと水で洗い流しましょう
・窓を開けて換気をしましょう
・刺激臭がなくなったら水で洗い流しましょう
・その場から離れる

これらが自力でできる対処方法です。水で洗い流しても体に異常がある場合はすぐに病院に行って見てもらいましょう。

 

まとめ

  • 汚れの種類によって酸性洗剤とアルカリ性洗剤を使い分ける
  • 酸性洗剤はとても強力なので必要な時以外は使わない
  • 普段使用する洗剤はアルカリ性洗剤がおすすめ
  • 酸性洗剤とアルカリ性洗剤は混ぜないようにする
  • 酸性洗剤と塩素系洗剤も混ぜないようにする

どんな洗剤を使えばよいのか分からないという人はこれらのことを参考にして見てください。

毎日少しでもいいのでトイレ掃除をしていれば、頑固な汚れがつくことはそんなにないのでやはり、日々の積み重ねが大切だと思います。あなたの毎日のトイレ掃除に役立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です