ノーメイクなら洗わない?正しい『洗顔しない美容法』とは

休日や育児中などはノーメイクで過ごすことも多いのではないでしょうか。ノーメイクの日の洗顔、どうしてますか?

最近、芸能人でも『洗顔しない美容法』を実践しているという話をよく聞きます。メイクしてないし、洗わなくてもいいのかなと思いますよね。

でも、一日洗顔しなかった次の日、なんだか肌がごわついたりざらついたりしたことありませんか?

本当にノーメイクは洗顔しなくてもいいのでしょうか?今回はノーメイクの日の洗顔について考えてみました。

ノーメイクなら洗顔しなくていい?

ノーメイクなら洗顔は必要ないのかと言うと、そうではありません。ノーメイクでも毎日皮脂はでますし、角質は溜まっていきます。それを放置していると、様々な肌トラブルに発展していくのです。

けんじ
ほとんどの男性はメイクをしない方が多いと思いますが、男性も洗顔はしますよね。今回は男性も参考になると思います。

皮膚は排泄器官

皮膚は体内に異物が入らないようにするバリア機能の他に、水分(汗など)や油分(皮脂)を排泄する排泄器官でもあります。

排泄される水分油分も、肌にうるおいを与え、健康に保つために必要なものでもあるのです。でもそれが過剰になってしまうとトラブルになります。

なおみ
ですから、水分や油分を必要以上に取りすぎることなく、適度に取り除くことが肌の健康のために大切なんです。
けんじ
そう言われるとなんだか難しい気がしてきますが、要は必要なケアを適切に行うことが大切ということです。
なおみ
その方法はいたってシンプルなんですよ 。後ほど説明していきます!

洗顔しない美容法とは?

それでは、巷でよく聞く『洗顔しない美容法』とはなんなんだろう?と思いますよね。なんだか誤解を招く言い方だなと思うのですが『洗顔しない』と言っても、全く洗わないということではありません

人によって違いますが「ゴシゴシ洗わない」「洗顔フォームを使わない」「朝は洗わず、化粧水で拭き取る」など様々です。

ですので、『洗顔しない』=「全く洗わない」ではないんですね。

洗顔の必要性

洗顔をして肌を清潔に保つことは、肌の健康を保つために必要なケアです。

先ほども言いましたように、皮脂や角質は肌にとって必要なものです。でも、それを放置すると過剰に皮膚に溜まって様々な皮膚トラブルの原因になってしまいます。

皮脂

皮脂は放置すると酸化します。皮脂は5~6時間で酸化すると言われており、過酸化脂質という物質へと変化します。この過酸化脂質がシミ肌のくすみ毛穴つまりニキビなどの原因になると言われています。また、空中のホコリや花粉、汚れを吸着し肌荒れの原因にもなります。

角質

また洗顔を怠ると角質も溜まっていきます。角質とは皮膚の表面にできるタンパク質でできた表皮の上層部分をいいます。つまり皮膚の一番上の部分で『垢』と言われていますね。

この角質も皮膚にとって必要なものです。取りすぎると皮膚のバリア機能が低下して炎症肌荒れの原因となってしまいます。

ですが、角質が溜まって厚くなりすぎてしまうと、肌のくすみ化粧乗りが悪くなるなどの原因になります。

ニキビ

また、ニキビにも注意です。

ニキビは、アクネ菌という常在菌が毛穴に詰まった皮脂や角質、汚れなどをエサに増えていきます。洗顔やクレンジングを怠ったらニキビができたというのはこれが原因なんですね。

ただし、ニキビができるのは不潔にしていたからという理由だけではありません。思春期のニキビは「アンドロゲン」という男性ホルモンの分泌によって皮脂が増えることで起こると言われています。その場合は洗いすぎも良くありません。適切なニキビケアをしてくださいね。

洗いすぎはNG

洗顔は必要と言っても洗いすぎはいけません。『洗わない洗顔』という美容法も、最近の洗いすぎるケアに警笛を鳴らしたものなんですね。

クレンジングでゴシゴシこすって洗い、さらに洗顔フォームでゴシゴシ洗うということを毎日朝晩繰り返すことは、明らかに洗いすぎです。過剰な洗顔で肌に摩擦を与えることは、とても負担になり、皮膚の老化の原因になります。

また、洗いすぎは皮脂の過剰分泌も引き起こします

皮脂は肌のバリア機能を保ち保護するために分泌されます。それを不必要に取り除くことによって、体は皮脂が足りないと判断して一生懸命皮脂を出そうとします。

オイリー肌の方は、皮脂を気にして洗えば洗うほど、皮脂が出てしまうという悪循環を引き起こします。

けんじ
僕の若いころはまさにこれです。テカリを気にして洗いまくったり、油とり紙は必須だったり・・・逆効果だったんだよね。
なおみ
そうだね。このようなことから、正しい洗顔が肌を健康に美しく保つために必要なんですね。

 

正しい洗顔法とは?

それでは、肌に負担をかけず、健康で美しい肌を保つためにはどんな洗顔をすれば良いのでしょうか?

クレンジング

基本的にノーメイクの日はクレンジングはいらないと思います。

ですが、それは普段はメイクとクレンジングをしていて、たまにノーメイクの日だけクレンジングをしないという場合で、それは全然問題ありません。

しばらくノーメイク生活が続いている方は、洗顔フォームで毎回洗顔していると必要な油分や角質を取りすぎていたり、また水だけの洗顔だと汚れや角質が溜まっていたりします。

なおみ
私もノーメイクが続いて水のみの洗顔をしていたら、肌がごわごわで次に化粧をしたときの化粧乗りがすごく悪かったです。

ですので、ちょっと肌のくすみやざらつきが気になるなという時、または洗顔フォームでは乾燥が気になるなという時はクレンジングをしてみてください。

また、一日中出かけていた日は空中の汚れが付着しているのでクレンジングをした方が良いです。日焼け止めを塗った日も石鹸で落ちないものは必ずクレンジングをしましょう。

ただし、その場合はオイルクレンジングなどの洗浄力の強いものはおすすめしません

  • クレンジングミルク
  • クレンジングクリーム

などがおすすめです。ミルクやクリームはしっかり汚れを落として、必要な皮脂は落としすぎず、うるおいを与えてくれるので敏感肌や乾燥肌の方におすすめです。

ミルクの方が優しい洗い心地で敏感肌の方にもおすすめです。

クリームの方はこってりしていて洗浄力は高めですが、肌の摩擦を防いでくれるので商品によってはマッサージやパックとしても使えるものがあります。

クレンジングの仕方

クレンジングはクリームタイプは少しだけコツがあります。洗い方はこの動画がわかりやすいです。

  1. たっぷりとクリームを取り顔に乗せます
  2. くるくると優しくなじませます(ここまではミルクタイプも同じ)
  3. クレンジングクリームは汚れやメイクとなじんでくるとオイルのようにサラサラになります
  4. サラサラになったらぬるま湯で洗い流します
ポイント 
クリームはサラサラになるまでなじませるのがポイントです。また、必ずぬるま湯で洗い流してください。熱すぎると肌が乾燥しやすくなりますし、冷たいとクリームが固くなって肌にクリームが残ってしまいます。

おすすめクレンジング

私が使ってみて良かったクレンジングをご紹介します。

カウブランド 無添加メイク落としミルク

引用:amazon

牛乳石鹸でおなじみのカウブランドのクレンジングミルクです。洗浄力はそれほど強くはありませんが、敏感肌でも使えてうるおいも与えてくれます。メイクした時に使うにはアイメイクなどのポイントメイクは落ちないので別で落とすことをおすすめします。濡れた手や顔でも使えるのでお風呂でも使いやすいです。

見るに耐えないボロボロだった私の肌が、こちらのクレンジングに変え、プラスして全成分石鹸素地の泡タイプの洗顔に変えてから、格段に綺麗になりました。もうファンデーションで隠さなくても何とか人の前に出られるようになりました!彼氏にも肌が綺麗になって良かったねと褒めてもらえます!
引用:amazon

着色料・香料・パラベンなどの防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコール無添加でこのような敏感肌の方でも使えるのは嬉しいですね。

 

ORBIS(オルビス) オルビス オフクリーム 

引用:amazon

オルビスのクレンジングクリームです。クリームタイプはどうしても洗い上りにぬるつきが残るので、それを嫌う方が多いのですが、しっかりすすいだらタオルで優しくふき取ると肌がしっとりとして私はとても良いと思いました。

ネットで見かけて気になり購入致しました。使った瞬間にあ、これほかのクレンジングとは違うなと思うほど肌がしっとりとやわらかくなりました。濃いメイクでも落ちるし肌も綺麗になるのでリピート確定です。
引用:amazon

この方の口コミにもありますが、使っているうちに肌が柔らかく、なめらかになった感じになります。

洗顔

次はノーメイクの日の洗顔です。

メイクをした日の洗顔はクレンジング + ダブル洗顔、朝も洗顔フォームで洗顔という方は多いと思いますが、それが毎日続くと洗いすぎによる肌への負担が大きいかもしれません。

なおみ
洗顔の方法は個人の好みや肌質にもよりますから、いくつかの方法をご紹介します。

朝の洗顔

夜寝ている間にも肌の新陳代謝は活発で、皮脂や汗をかいたりしています。それ自体は必要なものなのですが、空気中のホコリや寝具の繊維などが混ざり合って皮膚に付着しています。

けんじ
ですから、朝の洗顔は必要なケアなのです。

・ぬるま湯で洗い流す

まずは、ぬるま湯で洗い流すという方法です。

ぬるま湯は30~34℃くらいの熱すぎず、冷たすぎない温度が良いです。熱すぎると肌が乾燥しますし、冷たすぎると皮脂などの汚れが落ちません。

ただ、ぬるま湯でもしっかり汚れは落ちますし、その分うるおいも失われます。ですので、洗顔後はすぐに保湿する必要があります。

なおみ
私は夏の汗をかく時期の朝はぬるま湯洗顔をしています。さっぱりしてとても気持ちいいです。

・蒸しタオルで拭く

毛穴の汚れなどが気になる場合は、蒸しタオルを当てて毛穴を開かせたあとやさしくふき取るのもおすすめです。

蒸しタオルの作り方
  1. フェイスタオルを水でぬらす
  2. 水が垂れないくらいにしぼる
  3. レンジで約1分加熱する
注意
やけどには十分気を付けてください
なおみ
忙しい朝には向いてないんですが、しっかり汚れは取れますし、何と言ってもリラックス効果が高いです。夜にもおすすめです。

・拭き取り化粧水で拭き取る

私はあまり汗をかかない時期は、朝の洗顔は拭き取りのみです。乾燥肌の方はぬるま湯洗顔でも乾燥することがありますので、拭き取りがおすすめです。

拭き取り化粧水の後、いつものケアをすると浸透力も高まりますし、メイクする日は化粧乗りも良いです。

ネイチャーコンク薬用ローション

引用:amazon

こちらの商品は、角質除去朝の洗顔の代わり肌荒れ防止保湿ひきしめ美白(有効成分プラセンタエキス配合)と一本で6つの効果があります。

さらに、アルコールフリー、無香料、無鉱物オイル、無タール系色素、弱酸性。拭き取り化粧水はアルコールが含まれるものが多い中、敏感肌にも刺激が少なく使えます。

散々悩んでいた角栓だらけの顔が綺麗になりました!
頬、鼻、顎、眉間などツルツルに!
ただ小鼻の黒ずみは徐々に薄くなってきている感じです。まだまだ続けてみようと思います。
引用:amazon

なおみ
洗顔の代わりだけでなく、様々なケアまでできるのはとってもうれしいですよね。 

夜の洗顔

ノーメイクの日の夜洗顔の場合も状況によって使い分けたり、お肌の状態によってケアを替える方が多いです。

なおみ
私も出かけなかった日はお湯だけだったり、角栓が気になるなという日はクレンジングをしたりと使い分けています。

・クレンジングのみ

クレンジングのところでも言いましたが、一日中出かけていた日日焼け止めを塗った日角質や角栓が気になる日はクレンジングをします。

私はぬるま湯で洗い流したらそれで終了し、ダブル洗顔はしません。その後、普段通りのケアをします。

・ぬるま湯洗顔

ノーメイクでさほどお出かけもしなかった日などは、シャワーの時にぬるま湯でやさしく洗い流すだけで汚れは落ちます

ぬるま湯洗顔後は乾燥防止のため、必ずすぐに保湿します。

なおみ
何日もぬるま湯洗顔が続くとだんだん角質などが溜まってきますので、その時はお肌の様子に合わせてクレンジングをするといいですよ。

・場合によっては洗顔フォームで洗顔

ノーメイクの日でも、汗や汚れが気になる時クレンジング後のぬる付きがどうしても気になる時は我慢せず、洗顔フォームで洗顔しましょう。

その時はしっかり泡立てた石鹸やさしく洗うことが大切です。

洗顔フォームの泡立て方はこちらの動画がわかりやすく説明してくれています。

洗顔フォームでの洗顔のポイント
  1. しっかり泡立てる
  2. たっぷりの泡を顔に広げる
  3. 手でゴシゴシこすらず、泡で洗うようにやさしく洗う
  4. 2分以上洗わない
  5. ぬるま湯を手ですくって泡を洗い流す
  6. タオルで抑えるように水分を拭く
注意
洗い流す時は、シャワーだと水圧が肌に負担をかけてしまいますので、シャワーで直接洗い流さず、手で洗い流してください。

まとめ

  • 『洗わない洗顔』=「全く洗わない」ではない
  • 様々な皮膚トラブル予防に肌の清潔を保つことは必要
  • 正しい洗顔が健康で美しい肌を保つ
  • ノーメイクでも汚れや日焼け止め使用時などはクレンジングが必要
  • 肌の状態に合わせて洗顔のケア方法を変える

年齢や生活状況によって、お肌の悩みは人それぞれですよね。ケアの方法はみんな一緒ではありません。

お肌の状態を日ごろからよく観察して、あなたに合った、負担をかけないケア方法を選んであげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です