ノーメイクだと毛穴が目立つ!これだけやっとこうタイプ別毛穴ケア

毎日の身だしなみに欠かせないメイク。でも、そんなにバッチリ時間をかけられないときもありますよね。すっぴんでもきれいな肌で、ポイントメイクだけちゃちゃっと済ませて外に出られればいいのですが、そういうわけにもいきません。

特に肌の悩みで多いのが、毛穴が目立つこと。ノーメイクでも毛穴が目立たないような美肌になれれば理想なのですが・・・。

そこで今回は目立つ毛穴のケアについて紹介します。

毛穴が目立つ原因は?

毛穴が目立つ原因には主に3つの理由があります。あなたはどのパターンにあてはまるのか、読みながらイメージしてみてください。

皮脂が過剰に分泌されている

毛穴から分泌される皮脂は、肌のうるおいを保ちバリア機能を高めるのに不可欠なものですが、過剰に分泌されると毛穴が詰まる原因になります。毛穴が詰まると出口が押し広げられて目立つようになり、さらに表面が空気に触れて酸化すると黒ずみ毛穴になってしまいます。

おでこや鼻など、皮脂の多いTゾーンに多く見られるのが特徴です。

乾燥による皮脂の分泌

それとは逆に肌の乾燥が毛穴を目立たせる原因になる場合もあります。

乾燥すると肌の表面がカサカサして、バリア機能が低下します。すると皮膚表面の角質層が厚くなり、ゴワゴワした質感になってきます。肌は乾燥を防ぐためにさらに皮脂を分泌しますが、それが溜まってきた角質と混ざり合って毛穴が詰まり、目立つようになってしまうのです。

肌のたるみ

ピンとハリのある肌だと毛穴もそれほど目立ちませんが、年を重ねて肌にハリが無くなってくると、重力に負けた毛穴がのびてしずく型のように広がって見えてしまいます試しに指で毛穴を伸ばしてみると目立たなくなるようであれば、肌のたるみが原因かもしれません。

 

スキンケアで毛穴を目立たせない肌に!タイプ別毛穴ケア

毛穴が目立つのには、いくつか原因があることがわかりました。ここでは、原因に合わせてタイプ別の毛穴ケア方法を紹介します。

すべてしっかりできればいいのですが、「忙しくてそんな時間取れない」という場合は自分の毛穴タイプのものだけでも取り入れてみるといいですよ。

【皮脂が原因】クレンジング・洗顔をしっかり

皮脂の過剰分泌が原因の場合、クレンジングや洗顔をしっかりと行い、余分な皮脂を取ってあげましょう。ただし皮脂の取りすぎは逆効果なので、注意が必要です。顔をゴシゴシ洗ったり、一日に何度も洗顔したりするのはやめましょう。

おすすめクレンジングの手順

  1. 石鹸で手を洗う
    見落としがちですが、手が汚れていると手についた雑菌を肌につけることになりますし、クレンジングの効果も減ってしまいます。
  2. クレンジング剤を適量を取り出す
    商品の使用説明を確認して、適切な量を使いましょう。ここでケチって少ししか使わないと、クレンジング剤の伸びが悪く肌をゴシゴシこすることになってしまいます。適量のクレンジング剤で、するするとメイクを落としましょう。
  3. ポイントメイク → Tゾーン → Uゾーンの順番で落とす
    クレンジング剤をつけるときは、
    目元、口元のポイントメイクから
    皮脂分泌が多いおでこや鼻のTゾーン
    乾燥しがちな頬やあご周りのUゾーン
    の順番で落としていきましょう。いきなり頬からつけると、乾燥しやすい部分に一番長くクレンジング剤が留まることになります。汚れや皮脂が多い部分にクレンジング剤が長くつくようにするといいですよ。
  4. 優しく洗い流す
    できればぬるま湯で、一度手に受けたお湯を顔に当てるようにしてやさしくすすぎます。CMなどで、熱いシャワーを直接顔に当ててメイクを流すシーンがあったりしますが、刺激が強すぎてしまうのでNGです。
  5. 清潔なタオルで押すようにして水分を取る
    タオルでゴシゴシこすると摩擦を与えてしまうので、ポンポンと押し当てるようにして水分を取ります。

続いて、洗顔の手順について紹介します。

おすすめ洗顔の手順

 

  1. 石鹸で手を洗う
    こちらもクレンジングと同じように、始めに手についた汚れや雑菌を落としておきます。
  2. 洗顔料を泡立てる
    肌をゴシゴシこすらないよう、伸びの良い泡を作ります。
  3. 泡をクッションにするようにして洗う
    泡を肌に押し当て、摩擦を起こさないように洗いましょう。洗顔の場合もクレンジングと同様、Tゾーン → Uゾーンの順に泡を乗せるといいですよ。洗顔料のCMで頬を中心に洗顔している映像が流れますが、あれはNGです
  4. 優しく洗い流す
    こちらもクレンジングと同じで、一度手に受けたぬるま湯を顔に当てるようにしてやさしくすすぎます。
  5. 清潔なタオルで押すようにして水分を取る
    タオルをポンポンと押し当てるようにしてやさしく水分を取ります。
なおみ
普段の食生活で、油っこいものを食べないのも対策になります。スナック菓子やナッツ類、揚げ物などの油分を多く含んだ食べ物は控えた方がいいでしょう。

【乾燥が原因】保湿ケアを念入りに

肌の乾燥が原因の場合、保湿ケアをして肌のうるおいを保ちましょう。

化粧水

洗顔後の肌に、数回に分けて付けると肌の奥に浸透していく気がします。手のひらでもコットンでもお好みの方法でつけてください。

コットンパック

コットンに化粧水をたっぷり含ませて、3分ほどパックをするのもいいですよ。寝る前のちょっとした時間や家事の合間にやるのもおすすめです。長時間やればやるほど効果があるように感じられますが、コットンパックを長時間やり過ぎると、コットンが乾き逆に肌の水分を奪ってしまうので、3分ほどで大丈夫です。

乳液・クリームでフタをする

肌に水分を与えたら、水分が蒸発するのを防ぐために乳液やクリームでフタをします。化粧水だけでもじゅうぶんうるおったように感じますが、時間が経つと乾燥してきてしまうので、水分をしっかり閉じ込めましょう。

なおみ
そんなに念入りに保湿ケアができない!という場合は、オールインワンのアイテムを使うのもおすすめですよ。

ちふれ オールインワン・ジェル

amazon

保湿成分がたっぷり入っており、お財布にも優しいオールインワンジェルです。化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の6役がこれ一つでOKなので時短になります。

 

【たるみが原因】アンチエイジングケアでハリ肌を目指す

肌のたるみでも毛穴が目立ってしまうなんてちょっとショックですが、これからの美肌作りに向けてスキンケアにアンチエイジング成分を取り入れましょう。

アンチエイジングに効く成分は、主に以下のようなものがあります。

  • ビタミンC
    抗酸化作用を持ち、アンチエイジングに効果的です。他にも皮脂の過剰分泌やメラニンの生成を抑制する働きもあり、最強の美肌成分と言われています。
  • セラミド
    角質層の細胞をつなぐ役割を持つセラミド。肌のうるおいを守りバリア機能を高める働きがあります。
  • コエンザイムQ10
    もともと体内で作られる成分ですが、年を重ねるにつれてその量が減少してしまうんだそうです。抗酸化作用があるので、肌の細胞を活性化させ、ハリのある肌作りが期待できます。

以下にアンチエイジングに効く成分が入った化粧品を紹介しますので、お好みのものをスキンケアに取り入れてみてください。

ビタミンC入りの化粧品

素肌しずく ビタミンC化粧水

amazon

肌に浸透しやすくなっているビタミンC誘導体を配合した化粧水です。他にもコラーゲン、セラミドなどの保湿成分も入っているので、アンチエイジングケアにぴったりです。

セラミド入りの化粧品

キュレル 潤浸保湿美容液

amazon

セラミドを補うことでハリのある肌になり、たるみ毛穴を目立たなくする効果が期待できます。

コエンザイムQ10入りの化粧品

DHC 薬用Qクイックジェル モイスト&ホワイトニング

amazon

コエンザイムQ10が入ったオールインワンジェルクリームです。洗顔後のスキンケアをこれ一つでできるので便利です。ビタミンC誘導体も配合されていますよ。

なおみ
肌の摩擦も刺激になり、お肌のたるみにつながってしまうそうですよ。普段はできるだけ肌をさわらないように意識するといいですね。

おすすめ基礎化粧品はノーメイクでもOK!すっぴん美肌を保つ基礎化粧品の選び方で紹介してますのでご覧ください。

ノーメイクにリップだけ!?時短だけど「きちんと見え」のメイク術!では、忙しいママにおすすめのノーメイクでもきちんと見えるミニマルメイク術も紹介してますので参考にしてみてくださいね。

まとめ

  • 毛穴が目立つ原因には、主に皮脂の過剰分泌・乾燥・たるみの3つの原因がある
  • 皮脂の過剰分泌にはクレンジング・洗顔を丁寧に行う
  • 肌の乾燥には保湿ケアをする
  • 肌のたるみにはアンチエイジングケアを取り入れる

毛穴が目立たなくなるだけで、顔の印象はグッとよくなりますよね。きれいな肌だと気分も上がります。メイクや肌ケアになかなか時間をかけられない場合も、最低限でもケアを続ければ肌に差が出てくると思います。ほどよく手を抜きつつも、毛穴が目立たない肌を目指したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です