どこに置く?マンションの省スペースで洗濯かごを上手に収納するコツ

何気に場所をとる洗濯かご。どんな物を使ってどのスペースに置いていますか?マンションや狭いスペースだと大きいものが置けなかったり、邪魔だなあと感じることも多いと思います。今日はそんな悩みが解決できるよう、洗濯かごの選び方や、収納の工夫をお伝えします。

洗濯かごを置くスペースを考えよう

まず大切なことが家の動線を考えることです。服を脱ぐの場所洗濯機がある場所、そして干す場所、この3箇所の動線がスムーズになる場所に洗濯かごを置くことで家事の効率につながります。

洗濯かご、どの位置に置く?

洗濯かごは脱衣所に置くという家は多いと思います。ただ、脱衣所に洗濯機がない場合やスペースが限られる場合は洗濯かごを脱衣所に置くのは困難ですよね。

また、リビングで夫や子供が服を脱いでしまう為、服をわざわざ脱衣所の洗濯かごまで運ぶという話もよく聞きます。自分や家族の動きを考えて、一度洗濯かごを置く場所や位置を見直してみてはいかがでしょうか?

例えば、

簡易の洗濯かごをリビングやクローゼットに置いておく。

取っ手がついた小さめの洗濯かごに洗濯物を貯めておいて、洗濯する時に一気に集めれば何度も往復する必要がなくなります。

脱衣所には小さな洗濯かごや折り畳める洗濯かごを置いておいて、洗濯機のすぐ近くに大きな洗濯かごを置く。

脱衣所のスペースに限りがある場所や洗濯機が別の場所にある場合は折りたためたりかさばらないタイプの洗濯かごを一時的に脱衣所に置いておいて、家族のお風呂時間が終わったら脱衣所から洗濯かごを移動させればすっきりします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

chiii ◡̈*さん(@chiii__home)がシェアした投稿 -

洗濯かごの置き方は?

床に洗濯かごを置く以外にも洗濯かごを置く場所はあります。

例えば、こんな風に壁にかけたり

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぽんさん(@cuk.hr)がシェアした投稿 -

洗濯かごのバッグタイプを洗濯機にかけたり、

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akiさん(@aki_aki_home)がシェアした投稿 -

あとでご紹介しますが、に置いたり、がついたワゴンを使ったり、少し目線を変えれば、すっきりスムーズに洗濯物を保管することができます。

洗濯かごのサイズを見直してみよう

洗濯の仕方も人それぞれ

洗濯かごを置く場所を見直したら、次は洗濯かごのサイズを考えます。このサイズを決める時に大切なポイントが、自分の洗濯の仕方はどうか?ということです。

  • タオルと服は分けて洗う
  • 靴下やインナーなどの汚れ物は先に手洗いをする
  • 全て一緒に洗濯する

など、人によって洗濯方法は様々です。

靴下やインナーなどの汚れ物は洗濯機にかける前に手洗いするという場合は、こんな風にかごを分けて家族に入れてもらえばひと手間減りますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kozue odaさん(@likeflow_organize)がシェアした投稿 -

自分の洗濯の仕方にあったサイズのかごを選ぼう

大切なのは、家の洗濯物がちょうど収まる大きさにすることです。

シーツや大物は別として、普段の洗濯物が溢れてしまっていては困るので、今日は多い!という日の洗濯物が入る大きさの洗濯かごを選ぶことが大切です。

洗濯物が多くて何回かに分けて洗濯する場合は、大きな洗濯かごに一気に入れてしまうと仕分けが大変なので、中くらいのかごが2つ以上あった方がいいかもしれません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MAMADAYS |ママデイズさん(@mamadaystv)がシェアした投稿 -

小さい洗濯かごと大きめの洗濯かごの2つ使いにしたり、最終チェックは自分でしたいという場合は、大きな洗濯かごひとつでもいい思います。

うちは今は共働きで子供も小さく、本当に時間がないので、一気に全て洗濯しています。洗濯かごは1つですが、ネットが必要な洗濯物は自分でネットに入れてから洗濯かごに入れてもらっています。子供も教えたら、ちゃんとネットに入れてくれるようになりましたよ!

洗濯かごは通気性のよいものを選ぼう

洗濯物がカビ臭いと感じた経験、みなさんはありますか?うちは旅行で3日間洗濯物を洗濯かごに入れっぱなしのことがあり、帰ってきたら匂いがキツくなっていたことがあります。

洗濯物はカビるのが早い!

皮脂や汚れ、水分を含んだ洗濯物は雑菌の宝庫です。お風呂場など高温多湿の場所近くに洗濯かごが置いてある場合や、たくさんの洗濯物でぎゅーぎゅー詰めの場合、雑菌はどんどん繁殖して洗濯物がカビてしまいます!カビてしまうと、洗濯してもなかなか臭いが取れなかったり、黒い斑点が出てしまうので、注意が必要です。

特に梅雨からや夏場は汗もかきますし、洗濯物が蒸れやすいので要注意です!

通気性のよい洗濯かごがおすすめ

すぐに洗濯する場合は問題ないのですが、洗濯するまでに時間が空いてしまう場合、洗濯物はできれば通気性のいい洗濯かごに入れてなるべく湿度を下げる必要があります。

メッシュ素材の洗濯袋に入れたり、

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お部屋スッキリ 清水幸子さん(@oheyasukkiri)がシェアした投稿 -

ステンレスタイプのかごに入れれば匂いも湿気も逃げていきます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aoiさん(@aoi____home)がシェアした投稿 -

プラスチックの網かごもいいですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kroneさん(@krone_kamakura)がシェアした投稿 -

蒸れやすいのということは、洗濯かごにもカビが生えるということです。なので、木や竹、布でできている洗濯かごはカビやすいので、すぐに洗濯しない場合はステンレスプラスチックメッシュ素材の洗濯かごがおすすめです。

あと、ちょっとした工夫ですが、

  • タオル、濡れた衣服は乾かしてから洗濯かごに入れる。
  • バスタオルは洗濯かごに入れずにハンガーなどにかけて保管する
  • キッチンタオルはセスキ水や漂白水に浸け置きしておく

など、ひと手間かけるとよりカビ防止になります。うちはカビ防止の為に、夜お風呂の時間が終わったら洗濯をしてしまっています。夜は室内干しにして、翌日天気が良ければ外に移動させます。子供が寝ている間に洗濯ができるので、朝のバタバタが少し軽減されるので夜洗濯、とてもおすすめです。

洗濯かごの収納アイデア〜棚〜

洗濯かごを床に置くスペースがない場合、また、床に時下置きしたくない場合はこんな風に洗濯機の上に設置する収納棚に置くのもおすすめです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

り〜なさん(@riina_8)がシェアした投稿 -

これはハンガーもついているので、ここで洗濯機から洗濯物を直接干せてわざわざ洗濯干し場まで洗った洗濯物を持って行かなくていいのでラクです。

また、こんな風に収納棚の中洗濯かごを置くスペースを作ればスッキリとします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hanaさん(@kirsikka.ismart)がシェアした投稿 -

あとは、こんな風に棚になる洗濯かごアイテムもあります。

引用:楽天 商品ページ

縦長なので、狭いスペースでも場所をとりませんし、3段なのでたくさん洗濯物が入ります。洗濯機まわりの収納スツールは種類も豊富に売られているので、自分の家にぴったりのスツールを見つけてもいいですね。

洗濯かごの収納アイデア〜台〜

他にも、洗濯かごを収納できる低めの台を使っても。お風呂に入る時にタオルやパジャマをのせたり、ちょっとしたしたものの一時的置き場にもなり、邪魔な時はキャスターで動かせるので使い勝手がいいです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Air Rhizome Interiorさん(@airrhizome_official)がシェアした投稿 -

大容量の洗濯物が入る2段の台タイプの洗濯かごもあります。

結婚前、実家にいた時にこのタイプの洗濯台を使っていたのですが、この位の高さの台は洗濯物を干すときにわざわざ腰をかがめなくていいので身体がとってもラクです。

引用:楽天 商品ページ

家の作りや動線を考えて、1番効率よくスッキリする洗濯かご選びと収納方法が見つかるといいですね。

まとめ

  • 洗濯かごを置く位置は、服を脱ぐの場所、洗濯機がある場所、干す場所の3箇所の動線がスムーズな場所がおすすめです。
  • 洗濯かごは床に直置き以外にも、壁掛け、棚の上、台を使うなど色んな置き方があります。
  • 洗濯かごを選ぶ時は、自分の洗濯方法を把握することが大切です。
  • 洗濯かごはカビやすいので、通気性のいいメッシュタイプの袋やスチール製やプラスチック製の網かごがおすすめです。
  • 濡れている洗濯物はなるべく乾かしてから洗濯かごに入れるとカビにくくなります。

毎日する洗濯。どうせなら効率よく、短時間で終わらせたいですよね。洗濯かごの置き場やサイズで家事の効率も変わってきますし、衛生的に洗濯物を保管するには通気性が必須です。一度この機会に洗濯かごと洗濯アイテムの収納を見直してはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です