ギトギト汚れとおさらば!換気扇の掃除には酸素系漂白剤

換気扇って気がついたらギトギトしてませんか?

あれを触ると触った手から汚れが落ちにくくて、それ以上触りたくなくなりますよね…私はもっとも気乗りしない掃除です。

なおみ
あれを落とそうとすると、洗剤はたくさん使うし、何度も洗ったりする必要もあったりして一番ラクしたいといっても過言ではないのよね…
けんじ
洗ったのにギトギトが残っていることもあって綺麗に落とすのがそもそも難しいんだろうなぁ

そこで、換気扇掃除をラクしたくて仕方のない私が一番ラクだと思っている掃除方法を紹介します!

ギトギト汚れの原因

けんじ
そもそも、どうして換気扇にはギトギト汚れが発生してしまうの?

料理をする時は油を使うこともありますよね。他にも、お肉や魚を焼いていると食材そのものから油が発生します。

この油を加熱していると空気中に油が溶け込み、溶け込んだ油たちはキッチン周辺のありとあらゆるものにこびりついていきます。特に、換気扇を回していると空気の流れは自然とその周辺で増えてきます。

この空気の流れが多い換気扇では、空気が流れる分油がひっついてしまう機会が増えていきます。ひっついた油の部分にはホコリなどもこびりつきやすくなり、特に汚れてしまうという結果です。

換気扇の汚れを取るには、酸素系漂白剤!

ギトギトな汚れを取るために、ドラッグストアなどにはたくさんの洗剤が販売されています。

なおみ
いろんな種類を使ってきたけれど、物によっては全て使い切る勢いで使っても全く汚れが取れない物もあって困ったものでした

ずっと困っていてたくさんの種類のものを使ってきましたが、現時点では他のどの洗剤よりも、酸素系漂白剤がとってもよかったです。

引用: Amazon

塩素系を使うのは危険!

引用: Amazon

塩素系は酸素系のものと一緒に漬け込んだりしてしまうと、有毒ガスを発生させてしまう可能性があり危険です。

使う人が危険な目に合わないようにするために、『まぜるな危険!』という表示をつけているくらいなので、使う際には細心の注意を払う必要があります。

そして威力が強いので、色の付いているものはそのコーティングなどを溶かしてしまいかねません。なので扱いが難しい点もあって今回のような換気扇掃除には不向きです。

なおみ
塩素系漂白剤は、スポンジの除菌や、ふきんの除菌・漂白をするために使うことが多いです

使うのは酸素系漂白剤

出典 Amazon

酸素系は先ほどのシャボン玉せっけんのものと、オキシクリーンがかなりの有名でよく利用している人が多い印象です。

この酸素系漂白剤には、アルカリ性の力で油汚れを分解する効果があります。

なおみ
油で汚れてしまっている換気扇を掃除するにはぴったりな洗剤ね!

そして酸素系漂白剤は、アルカリ性で分解した汚れを、酸素の泡で剥がし取ります。なので掃除をしたあとに油汚れが残っているということはありません!

けんじ
汚れが残っているのか心配しなくてもいいのは時短にもなるしとても嬉しい効果だね!!

酸素系漂白剤を使った掃除方法

まずは換気扇をわかる範囲で外せるものを取り外してみましょう。
外し方がわからない場合は、ネットで検索してもいいですが無理に外して元に戻せなくなると困るので、そこは程々にしてください。

準備するもの
  • ゴム手袋(手荒れ防止)
  • 酸素系漂白剤
  • つけ置きできる容器
  • 熱湯

まずは、バケツに漂白剤を入れて熱湯をシャワーか、勢い良く注ぎ込んでください。

シャワーを使って注ぎ込むとカンタンにモコモコの泡が完成します。

ここに取り外した部品をどんどん入れて漬け込みます。

なおみ
使う洗剤によって漬け込み時間は異なるけれど、だいたい30分くらいそのままほっておけば大丈夫ですよ

部品を漬け込んでいる間に効率よく掃除を進めるためにも他の取り外しができなかった部分を掃除していきましょう。

そこの部分の掃除は、漂白剤の泡をつけてあげて少し時間を置いて拭く。もしくは、アルカリ電解水を吹きかけて拭き取るのもいいですね。アルカリ電化水は、名前の通りアルカリ性の性質があるので油汚れを分解してくれる効果がありますよ。

漬け込みが終われば、あとは温かいお湯で汚れを綺麗に流してあげましょう。

注意
ここでお水を使ってしまうと、油が固まってしまうので注意が必要です!固まった油はまた温める必要がありますのでお湯を使ってください!!

せっかくキレイにした換気扇を保つためには

なおみ
時間をかけてキレイにした換気扇を、せっかくならこのまま保ちたいですよね

綺麗に保つためには、また汚れないように予防をしておく必要があります。

この予防には、レンジフードのフィルターカバーがうってつけです。

出典 Amazon

これを貼るのと一緒に、シリコンコーティングをすることができれば尚更いいのですが、わざわざこのためだけに普段全く使い道のない洗剤にお金を使うのはもったい無いですよね。

代わりに身近にあるものでコーティングに使うことができるものがあります。それが、柔軟剤リンスコンディショナーです。
これを薄く塗りつけておくと、油汚れがつきにくくなるので次回の掃除がしやすくなります。

まとめ

換気扇の汚れは、料理に使用する油が空気中に溶け込んで、それが付着していることが原因でした。

この汚れを除去するには、酸素系漂白剤を使うのがオススメです。

  • 塩素系は取り扱いが難しく場合によっては危険
  • アルカリ性の性質で油汚れを分解できる
  • 酸素系の泡で汚れを剥ぎ取ることができる
なおみ
この3つの理由で私は酸素系漂白剤が今まで使ってきた洗剤の中で一番いいと思いました

酸素系漂白剤の使い方はとてもカンタン!

  1. ゴム手袋、洗剤、つけ置きする容器、熱湯を準備
  2. つけ置きする容器に洗剤を入れてシャワーなどで勢い良く熱湯を注ぐ
  3. 30分ほどつけ置き

この3ステップで使うことができます。

とてもカンタンに換気扇をキレイにできます。あなたのお家の換気扇もキレイにしてあげませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です