キッチンの換気扇の掃除に最適なアルカリ性の効果と注意点!

キッチンの換気扇の掃除はどのように行っていますか?実は、キッチンの換気扇の掃除にはアルカリ性の洗剤が効果的なこともあるんです。

キッチンの掃除の仕方が分からない人や、そもそも掃除をしたことがない人のために、なぜアルカリ性が有効なのかということやアルカリ性の洗剤の使い方などを説明していきます。

洗剤の種類

そもそも、掃除の時に使う洗剤にはいくつかの種類があります。まずは洗剤の種類と特徴について説明していきます。

酸性の洗剤

洗剤の中には、酸性の洗剤があります。酸性とはpH(水素イオン濃度)が0~3程度のものを指します。酸性の洗剤は水垢やさび、黄ばみなどを落とす効果があります。

しかし、その一方で洗浄力が高いために天然石や金属にダメージを与えるというリスクも存在します。

弱酸性の洗剤

続いて弱酸性の洗剤です。弱酸性とはpHが3~6程度のものを指します。酸性に比べると、皮膚や目などの人体に与える影響は少なくなりますが、その分洗浄力も下がります。

ですが、石鹸カスや軽い水垢のような汚れならば十分落とせる洗浄力があります。

中性の洗剤

次は酸性でもアルカリ性でもない中性の洗剤です。中性とはpHが6~8程度のものを指します。中性は酸性やアルカリ性などと比べると安全性が高いのが特徴です。

しかし、洗浄力は酸性にもアルカリ性にも劣ってしまうので、キッチンの換気扇の汚れはそれほど落とすことはできないでしょう。

弱アルカリ性の洗剤

続いてアルカリ性です。まずは弱アルカリ性から。弱アルカリ性とはpHが8~11程度の物を指します。中性に比べると洗浄力が高いので、油汚れなどに効果を発揮します。

しかし、人体に影響を与える種類の洗剤なので使用する際にはしっかり安全性を保ちながら、慎重に使用することが求められます。

アルカリ性の洗剤

最後にアルカリ性です。アルカリ性とはpHが11以上のものを指します。アルカリ性は油汚れを洗浄する力が強くキッチンの換気扇のしつこい油汚れを掃除するのに効果的です。

ですが、弱アルカリ性よりもさらに人体への影響も大きくなるので使用の時にはさらなる安全性の担保と慎重さが必要です。

このように、キッチンの換気扇を掃除するならばアルカリ性か弱アルカリ性の洗剤が適しています。軽い油汚れなら弱アルカリ性、しつこい油汚れならアルカリ性というように汚れの程度で使い分けるのがおすすめです。

キッチンの換気扇の掃除

必要なもの

アルカリ性の洗剤

手袋

雑巾

キッチンペーパー(なければテッシュでも可)

これらの道具を用意してください。特に手袋はアルカリ性の洗剤を使用するときは自分を守るために必ず用意して下さい。私は掃除の時に手袋をすることで安全に掃除ができました。

掃除の方法

  1. 換気扇の外側に洗剤を吹きかけ、キッチンペーパーで汚れを拭き、汚れが取れたら雑巾で水気を取る
  2. フィルター、ファンなどの部品を外し、電源を切っておく
  3. 外した部品に洗剤を吹きかけ5~10分間放置する
  4. 時間がたったら、キッチンペーパーで汚れを拭き、汚れが取れたら雑巾で水気を取る

この方法でキッチンの換気扇の汚れを綺麗に落とすことができます。ほぼ洗剤を吹きかけてキッチンペーパーで拭き取るだけです。初めてやったときはあまりの簡単さに驚きました。

また、この掃除の手順にはポイントがあります。

  • 部品を外して細部まで掃除することで隅々まで綺麗になる
  • 洗剤を吹きかけた後に時間を置くことで、汚れに洗剤が浸透し汚れが落ちやすくなる

ポイントを押さえて掃除をするのとしないのとでは掃除後の仕上がりに差があります。例えば、部品を外さずに外だけ掃除すると一見綺麗になりますが、中身は汚れたままで今後も汚れがたまっていきます。

また、時間を置かずに洗剤を吹きかけてすぐに拭き取ると、あまり汚れは落ちません。

汚れをしっかりと落とすためにもポイントを守ることは重要です。

アルカリ性の洗剤でも綺麗に汚れが落ちないときは?

アルカリ性の洗剤を使用しても汚れが落ちないときは、素人では手に負えない汚れの蓄積があるかもしれません。そういう場合は無理をせずに、プロの換気扇クリーニング業者へ依頼することをおすすめします。

プロの換気扇クリーニングならば、高い技術と専用の洗剤で換気扇の汚れを隅々まで綺麗にしてくれます。

ですから、くれぐれも無茶だけは絶対にしないでください。換気扇の故障のもとになってしまう可能性があります。

まとめ

  • 洗剤にはいろんな酸性、中性、アルカリ性のものがある
  • キッチンの換気扇は汚れの程度によりアルカリ性と弱アルカリ性を使い分ける
  • アルカリ性の洗剤を使用する場合は安全のため手袋をして慎重に
  • 洗剤をしっかり浸透させる
  • どうしても汚れが落ちない場合はプロの換気扇クリーニング業者に頼む

キッチンの換気扇の汚れはとてもしつこいですよね。でも、ちゃんとした方法で掃除すれば綺麗にすることができます。それでもダメなときはプロの力を利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です