アイロンでワイシャツのシワを取って新品のように綺麗にする方法

ワイシャツのアイロンがけは嫌いな家事として選ばれることが多く、苦手な方も多い作業ですよね。しかし、面倒なワイシャツのアイロンがけもポイントを押さえて行えば、まるで新品のように仕上げることができます。

今回は、アイロンでワイシャツのシワ取りを行う際のポイントやアイロンをかけた後のポイントなどを説明していきます。

ワイシャツのシワ取りを行うときのポイント

ワイシャツを湿らせてからアイロンをかける

まず最初のポイントは、霧吹きなどでワイシャツを湿らせてからアイロンがけを行うことです。

ワイシャツに適度に水分を含ませてから熱を与えることでシャツの繊維同士の結合をいったん弱めてから、アイロンの圧力で平らに並べ直し、冷めるときに分子がまた結合するのです。

ですから、しっかり霧吹きで湿らせてから、アイロンがけを行うようにしましょう。

霧吹き以外にもアイロンのスチーム機能を使う方法もありますが、スチーム機能では水分子が小さすぎてワイシャツの繊維にしっかり水分が行き届かないことがあるので、アイロンのスチーム機能より霧吹きを使うことをオススメします。

また、脱水直後にすぐワイシャツのアイロンがけを行う方法もあります。これなら、わざわざ湿らせる必要もなく乾かす時間も必要ないので大幅な時間短縮になります。

アイロンをかける前に細かいシワを取る

次のポイントはアイロンをかける前に生地全体を押さえて細かいシワを取るようにすることです。

シワが伸びていない状態でアイロンをかけると生地が緩んでシワがより入りやすくなってしまいます。

シワを取るためにアイロンがけをしているのに逆にシワが入りやすくなてしまっては元も子もありません。必ずアイロンがけをする前に細かいシワを取るようにしましょう。

私は面倒くさがりなのですが、これをやることで綺麗なワイシャツを保てると思うと頑張れました。

両手でアイロンをかける

次のポイントは両手を使ってアイロンがけを行うということです。アイロンをかけるときはアイロンを持っていない方の手で生地を引っ張りながらアイロンをかけるといいですよ。

生地を引っ張りながらアイロンをかけると、アイロンがけそのものによるシワを防げます。

また、生地を引っ張るときになるべくアイロンをかけている近くを引っ張るのではなく、遠くを引っ張るといいでしょう。遠くを引っ張ると生地全体が伸びますし、アイロンでやけどする可能性も減ります。

両面にアイロンをかける

続いてのポイントは、生地が厚い部分は両面にアイロンがけを行うということです。

生地が厚い部分(襟や袖口)は片面からアイロンをかけるだけではシワがしっかり伸び切らないことがあります

せっかくアイロンをかけるならしっかりシワを伸ばしたいですよね。それに襟や袖口はスーツのジャケットなどを着ていると最も見られる場所なので特に綺麗に仕上げたいところですね。

ほんの少しの手間ですが、これもワイシャツのシワを綺麗にするには大切ですから是非実践していただきたいです。

直線的にアイロンを動かす

最後のポイントは、アイロンを直線的に動かすということです。

曲線的にアイロンを動かすとかえってシワになりやすいんです

また、アイロンの先を少し浮かせてお尻の方に力を入れると滑るように動かすことができます。アイロンの先の方に力を入れてしまうとアイロンの尖った部分に生地が集まりシワが寄ってしまいます。

ですから、アイロンの先を少し浮かせて直線的にアイロンがけを行うようにしましょう。私はこれを知るまでは適当にアイロンを動かしていたのでこれを知ってやってみたときは感動しました。

アイロンをかけた後

アイロンをかけた後は、しっかり生地が冷めるまでハンガーにかけておきましょう。

生地がまだ暖かい状態でたたんだり、着たりしてしまうとまだつながっていない分子が崩れてシワが入ってしまうため

目安として最低でも30分はおいておきたいですね。

ワイシャツの収納

ワイシャツが冷めたら、収納をするのですがたたむのとハンガーにかけておく2パターンがあります。たたんで収納すれば、その分のハンガーに別の服をかけることができます。

ハンガーにかければ、その分タンスにスペースができるので収納に使えます。たたむ方法とハンガーにかける方法、好みの方法で収納して良いと思います。

ハンガーにかけるときに注意すること

• ワイシャツ同士は間隔を開けて収納する
• ワイシャツの肩幅に合うハンガーにかける 

上記の2つをハンガーにかけて収納するときは意識しましょう。ワイシャツは生地が薄いため、他の衣類の圧迫でシワができてしまうことがあります。ですから、間隔に余裕を持つことが重要です。

また、肩幅に合ってないハンガーにかけてしまうとワイシャツが型崩れを起こしてしまうことがあります。ワイシャツの形を保ったまま収納するためにワイシャツの肩幅とハンガーのサイズを意識しましょう。

たたむときに注意すること

• ワイシャツをたたむ前に、第一ボタンと第三ボタンを留める

ボタンを留めずにたたみ始めると、生地がずれてしまいシワの原因になります。ですから、ボタンはしっかり留めるようにしましょう。

アイロンを使わずにシワを取る方法

ここまでは、ワイシャツのシワをアイロンで綺麗に取る方法を紹介してきましたが、忙しい朝など時間のないときにワイシャツのシワを取らなければならないときもあると思います。

そんなときのために、アイロンを使わずにワイシャツのシワを取る方法も紹介します。

準備するもの

・消臭スプレー(ただの霧吹きでも可)

・ドライヤー

これらを使うだけでアイロンを使わずにワイシャツのシワ取りを行うことができます。家に当たり前にあるものなのですぐに実践可能です。

やり方

  1. ワイシャツのシワの部分に消臭スプレーをかけて濡らす
  2. ドライヤーで濡らしたところを引っ張りながら乾かす

これだけで簡単にワイシャツのシワを取ることができます。私は朝の時間のないときによくやります。本当に綺麗にシワが取れて感動しますよ。

まとめ

  • アイロンをかける前に霧吹きで湿らせる
  • 生地を引っ張りながら、生地が厚い部分は両面に
  • アイロンは直線的に動かす
  • 収納前にしっかり生地を冷ます
  • ワイシャツの収納の仕方も大事

ワイシャツのアイロンがけは難しくて面倒くさいと思われがちですが、ワイシャツにシワがあると見た目も気分もシャキッとしませんよね。

ポイントを押さえて丁寧にアイロンがけして綺麗なワイシャツを保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です