日焼け止めの使用期限は?開封後はいつまで使える?知っておきたい注意点

強い日差しが照り付ける夏、肌を紫外線から守るために欠かせないのが日焼け止めですよね。でも、そんな日焼け止めの使用期限って意外と知らない人が多いのではないでしょうか?実は、使用期限の切れた日焼け止めを使ってしまうと、皮膚トラブルにつながってしまうこともあるんです。そんなことにならないために、日焼け止めの使用期限や注意点について知っておくことが大切です。

日焼け止めの正しい使い方を知って、熱い日差しに負けずに夏を乗り切りましょう!

日焼け止めの使用期限はいつまで?

食品などと同じように、日焼け止めも開封前と開封後で使用期限が違ってきます。開封前の使用期限と開封後の使用期限にわけてみていきましょう。

開封前

日本における医薬品医療機器等法(旧題名:薬事法)では、製造後3年以内で変質する化粧品を除き、使用期限を表示する必要はないとされています。したがって、開封前であれば使用期限は購入後約3年以内と考えていいでしょう。

ですが保管する環境によって品質が低下する恐れがありますので、高温多湿や温度変化の大きい場所は避け、日の当たらない場所で保管することをおすすめします。

開封後

開封後は、日焼け止めの中に酸素が入り込み酸化が進んでしまいます。防腐剤が入っているものも多いですが、一度開封してしまうと雑菌なども入り込みやすくなってしまうため、基本的には開封後1年以内に使い切るのがベストです。また、開封後も品質低下を防ぐために高温多湿や温度変化の大きい場所を避けて、日の当たらない場所で保管された方が良いでしょう。

日焼け止めの使用期限
  • 開封前:3年以内
  • 開封後:1年以内
なおみ
開封前も後も保管場所には気を付けてくださいね。

 

使用期限が過ぎた日焼け止めを使うとどうなる?

使用期限が過ぎてしまっていても、去年の日焼け止めが余っているとついついもったいなくて使ってみようかと思ってしまいますよね。でも、使用期限切れの日焼け止めを使って肌トラブルが起きてしまうこともあるので注意が必要です。

使用期限を過ぎてしまった日焼け止めですが、成分自体は使用期限が過ぎても一応は有効です。しかし、一度開封した日焼け止めは酸化が進み、雑菌も入り込んで増殖してしまっているかもしれません。

日焼け止めは肌に直接塗るものです。品質が劣化してしまった日焼け止めを塗ってしまうと、皮膚がかゆくなったり湿疹ができてしまうなどの肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

肌トラブルを起こさないためには、使用期限の切れた日焼け止めは使わないようにするのが良いでしょう。日焼け止めは毎シーズン新作がでているので、シーズンごとに新しい日焼け止めを使うのがベストです。

なおみ
使用期限の切れた日焼け止めの使用は控えましょうね。

 

使える日焼け止めか確認するポイント

開封済みの日焼け止めでも、いつ開封したか覚えてなかったり、まだ使えるかなと思ったことはありませんか?そのまま使ってしまうと肌荒れをしてしまう可能性があるので、確認してから使って下さい。ニオイや見た目の変化のチェック、パッチテストなどをして大丈夫か確認してから使いましょう。

ニオイの変化

通常と明らかに違ったニオイがするときは、使用するのをやめましょう。特にスプレータイプの日焼け止めは見た目では変化がわからないため、ニオイに変化がないかしっかりと確認した方が良いです。

見た目の変化

乳液タイプやクリームタイプの日焼け止めの場合、口の部分をまず確認します。

口の部分に付いた日焼け止めが黄色く変色しているときは、中身が酸化してしまっている可能性が高いです。また、中身を少し出してみて、水っぽかったり、成分が分離していたら中身の品質が劣化してしまっているサインなので、使うのは控えましょう。

パッチテスト

二の腕の裏側など、皮膚の柔らかい部分に日焼け止めを少量塗り、1日そのままにします。皮膚が赤くなったり、かぶれたりなどの皮膚トラブルが起きた場合はその日焼け止めは使わないようにしましょう。

開封済み日焼け止めの確認ポイント
  • ニオイ:異臭がする
  • 見た目:黄色く変色または成分が分離している
  • パッチテスト:皮膚トラブルが起きる
なおみ
開封済みの日焼け止めを使う場合はしっかりと確認しましょう。

 

おススメの日焼け止め

日焼け止めは毎シーズン新しい成分や性能をもったものが発売されています。新作を使った方が肌にも優しく日焼け効果もアップするので、日焼け止めはシーズンごとに買い替えるのがベストです。

日焼け止めはたくさん種類があって迷ってしまいますが、おススメの日焼け止めを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス

こちらの日焼け止めはみずみずしい付け心地で、肌にムラなく密着して紫外線から肌を守ってくれます。また、ウォータープルーフなのに石鹸で落とすことができ、にきびになりにくい処方がされています。顔体兼用なので化粧下地としても使える人気の日焼け止めです。

やはり軽いつけ心地が人気ですね。化粧下地としても肌を明るく見せてくれて優秀なことが口コミでもうかがえます。

 

La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) UVイデア XL プロテクショントーンアップ

こちらの日焼け止めは、肌に届いた光を乱反射することで、肌を綺麗に魅せるトーンアップテクノロジーを採用していて、お肌をキレイに見せてくれます。美容にこだわることで有名なタレントの田中みな実さんも愛用しているということです。また、低刺激設計がされているので、敏感肌の人にもおススメです。田中みな実さんも愛用されいるようですよ。

ナチュラルにお肌をキレイに見せてくれる効果はとても高いようです。石鹸でオフできるのも便利で良いですね。

 

アロベビー UV & アウトドアミスト

こちらは全成分100%が天然由来、国産オーガニックで無添加という新生児からでも使える日焼け止めです。また、東南アジアや自然が多い地域で古くから親しまれてきた精油(レモングラス油、ローズマリー葉油)を配合しているため、虫よけの効果も期待できます。

オーガニックな日焼け止めは子供に使っても安心ですよね。口コミの方のように、ちょっと外出するときにササっと家族全員使えて、しかも虫よけ効果もあるのはママにとってとても便利だと思います。

 

スキンアクア (SKIN AQUA) 透明感アップ トーンアップ UV エッセンス

こちらの商品は、UVカットしながらトーンアップし透明感を引き出してくれる日焼け止めです。みずみずしい使い心地で、肌を明るく見せてくれるので化粧下地としても使えます。

化粧下地としても優秀で、日焼け止めとしてもしっかり使えるこちらの商品がプチプラなのはとってもお得ですね。顔だけでなく体にも使って、全身トーンアップできそうです。

 

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス SPF50+/PA++++

こちらは気温40℃・湿度75%の高温多湿環境で落ちにくさを確認した、過酷な環境でも耐えうる処方の日焼け止めです。ビオレ独自の「タフブーストTech」で汗・水、擦れに強く、落ちにくいのが特徴です。長時間日差しにさらされる運動時などに特におススメの商品です。

やはり長時間外に出ている時などに、しっかり日焼けを防ぐのがとても重要ですよね。口コミでも言われているように、べたつかないつけ心地で不快感もなく使いやすいようです。

 

なおみ
自分の用途に合った日焼け止めを選んでくださいね。

 

まとめ

  • 開封前の日焼け止めの使用期限は購入後約3年間
  • 開封後の日焼け止めの使用期限は開封後約1年間
  • 日焼け止めが使えるかどうかはニオイ、見た目の変化などを確認する
  • 日焼け止めはシーズンごとに買い替えるのがベスト

日焼け止めの使用期限って、ついつい見落としがちですよね。でも気を付けないと、使用期限の切れた日焼け止めによって思わぬ肌トラブルが起きてしまうかもしれません。

使用期限の切れた日焼け止めは、もったいなくても思い切って断捨離するのがおススメです。新しい日焼け止めを使用期限内に使い切るように上手に使って、日差しの厳しい夏を乗り切りましょう。

日焼け止め嫌いなに人にもオススメしたい日焼け止めとUVケアグッズ

2020年8月4日

日焼け止めがめんどくさい!!手間を省いて簡単にUVケアする方法

2020年6月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です