日焼け止めは化粧水の後に塗るのが吉?一番効果を発揮する順番は?

夏といえば「紫外線」ですよね。ですが、紫外線は「冬」でも「曇りの日」でも一年中降り注いでいます。

紫外線対策にはやっぱり日焼け止めですよね。しっかりケアをしないと、シミやそばかすなどの原因になってしまいます。また、間違った塗り方で塗ると日焼け止めの効果が、あまり発揮されません。

「日焼け止めを塗っているのに日焼けしちゃった」という人がいますが、それは間違った塗り方に原因があるのです。ムラなく塗ることは大前提ですが、日焼け止めを塗る前に肌の余分な汚れや油分を落とし必要なうるおいを与えることが大切です。

今回は、日焼け止めと化粧水をつける順番を覚えて、しっかりメイクの土台を作り、日焼け止めの効果を最大限に発揮できるようになっていただきます。

日焼け止めの効果

日焼け止め効果を測る言葉に「SPF」「PA」というのがありますが、見たこと聞いたことはあると思います。これらはどういう意味で何がわかるのでしょうか?

「SPF」って何?

「Sun Protection Factor」の略でSPF値は紫外線B波を防ぐ値です。

SPFの数値は効果が持続する時間のことで日焼けしにくいという意味ではありません。SPFの数値が高いものを選ぶ人も多いと思いますが、数値が高いからといって日焼けを防げるということにはなりません。

SPFとは

日焼け止めを塗っていない状態で日焼けする時間が何倍伸ばせるかを表したもの。

基本的に日焼け止めの効果は「SPF1につき20分」。
SPF20なら、20(SPF)×20分=400分(6時間40分)
SPF30なら、30(SPF)×20分=600分(10時間)

「PA」って何?

PA値は紫外線A波を防ぐ値です。

地表に降りそそぐ紫外線の約9割を占めるのが紫外線A波と言われています。紫外線A波は、長期にわたって浴び続けるとシワやたるみの原因になります。

PAとは

PAというのは肌が黒くなる原因となるUVAの防止効果を表す数値。

+が多い方がその効果が高いとされています。
PA+・・・・・2~4倍程度の効果
PA++・・・・4~8倍程度の効果
PA+++・・・8~16倍程度の効果
PA++++・・16倍以上の効果

SPFもPAも数値の高いものは肌への負担も大きいので、日常の外出が2時間以内の人はSPF20~25程度、PA+かPA++程度のもので十分です。屋外のレジャーや南国のバカンスなど紫外線が強い地域に行く場合は、SPF30~50、PA++++などプロテクト効果の高いものが安心です。

ちゃんとした日焼け止めの効果を持続するためには正しい量を塗ることが大事です。

 

日焼け止めの効果を発揮する順番

日焼け止めを塗る最適なタイミングはいつなのでしょうか?最も効果を発揮できる順番を紹介したいと思います!

効果を発揮できる順番

化粧水
 ↓
美容液
 ↓
乳液
 ↓
日焼け止め
 ↓
化粧下地
 ↓
ファンデーション

基本的にこの順番が一番良いとされています。

日焼け止めは油分が使われているので、日焼け止めを塗ったあとに化粧水を使うと肌に水分がしみこまず肌荒れや乾燥の原因になってしまうのです。

まずは化粧水を肌によく染み込ませてしっかりと潤いを保たせておくことが重要です。スキンケアの基本となるのは洗顔のあとに化粧水。美容液を使っている場合は、「化粧水 → 美容液 → 乳液」となります。

そして、日焼け止めはその後に塗ります。最近の日焼け止めは化粧下地も兼ねているものが多くあります。その場合は、日焼け止め直後にファンデーションでもOKです。

 

効果を発揮する塗る量と塗り方

紫外線対策の試験で、皮膚1cm²あたり2mgを塗った場合の日焼け止めの効果が得られる数値が紫外線の防止効果に関する国際的な基準となっています。日焼け止めに表示されているSPFやPAなどは、規定の量を使わないと数値分の効果は出せません。

適正な量はクリームタイプ、ローションタイプ、塗る面積によって変わってきますが、一般的な適量としては0.8gくらい、500円玉1個分くらいです。実際に塗ってみるとかなりの量なので時間をかけてしっかり塗りこみましょう。

顔の日焼け止めの正しい塗り方としては、まず・・・

  • おでこ
  • 鼻の頭
  • 右頬
  • 左頬
この5箇所に点々と乗せ、叩き込むようにして広げていくと塗りムラを防げます。両頬、顎、おでこ、鼻の5点は特に日が当たりやすいため、しっかり塗る必要があります。

 

2~3時間ごとに塗りなおす

日焼け止めは一度塗れば一日中効果が続くものではありません。汗や水でぬれたり、タオルや衣類などで拭いたりこすれたりすることで日焼け止めは落ちてしまいます。

期待した効果が得られなくなるので、こまめに塗り直す必要があります。

日焼け止めを塗りなおす手順
  1. ティッシュやコットンなどで肌表面の汚れや汗、メイクをやさしく拭き取りましょう。
  2. 乳液か、オールインワンジェルでしっかりと保湿をします。
  3. 日焼け止めを掌に広げて、顔全体を押さえるように塗っていきます。
    日焼け止めの機能がある「化粧下地」でも良いでしょう。
  4. SPF値のついたパウダーファンデーションで押さえて仕上げます。

今はスプレー式やパウダータイプなど、手軽に重ねづけできるUVケア製品が充実しているので、2~3時間ごとにこまめに塗りなおして日焼け止めの効果を十分に発揮させましょう。

 

まとめ

日焼け止めの効果を発揮させるためには
  • 日焼け止めの効果の基準はSPF値とPA値
  • 日焼け止めは化粧水の後に塗る
  • 適量は500円玉1個分ほど
  • おでこ、鼻の頭、両頬、顎の5か所において全体にのばす
  • 2~3時間ごとに塗りなおす

紫外線を受けた肌は、シミやくすみなどの色素沈着、肌荒れ、ニキビ、小じわや深いシワ、たるみなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。

今は日焼け止めの種類もたくさんありますので、SPFやPAの表示を確認してその時々に合ったものを選びましょう。日焼け止めやメイクは塗る方法や順番を守って効果的に紫外線対策をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です