クエン酸を使って安全で楽チンなお風呂掃除をしよう!

お風呂を毎日使っていると「いつの間にか鏡や蛇口の水垢や浴槽がザラザラ」そんな経験はありませんか?「洗剤で洗ってみたものの思うようには汚れは落ちない」「いろんな洗剤を買い込んだけどうまく使いこなせず洗剤がたまってしまった」なんてことも。

そんなあなたに今回はクエン酸を使った効率的なお風呂掃除をご紹介します。

クエン酸とは?

そもそもクエン酸とは何なのでしょうか?

クエン酸とは、柑橘類や梅干しなどの食品に多く含まれている酸性の成分です無色無臭のうえ安全に使用出来るというメリットがあります。最近では、100円ショップや量販店などでも簡単に手に入れることができるようになりました。

またクエン酸は酸性のため、アルカリ性の汚れに効果を発揮します。

お風呂の中に潜むアルカリ性とは?

クエン酸の効果について触れましたが、そもそもお風呂の汚れはどうやって発生しているのでしょうか。

お風呂に入ると、浴室のあちこちに水滴が発生しますよね。この水滴がそのまま放置されてしまうと、水分だけが蒸発していってしまいます。このときに水分内に含まれているミネラルだけが結晶化して、そのまま残ってしまいます。これが水垢となります。

なおみ
つまり、お風呂の汚れは水垢にありそうですね!

さて水垢の汚れはミネラルの結晶なので、アルカリ性となります。

このアルカリ性の汚れには酸性の洗剤が最も効果的です。一般的な中性洗剤ではなかなか汚れを落とすことは出来ません。さらに酸性の洗剤は、あまり売られていないのが現状です。

なおみ
そこで登場するのが、お家にある酸性のクエン酸です。

お風呂掃除にクエン酸を使ってみよう

準備をしよう

まずはクエン酸水を作るところから始めます。

クエン酸水の作り方は、200mlの水に粉末のクエン酸小さじ1杯を入れて混ぜるだけです。

また、掃除をする上であらかじめ準備しておくと便利なものをご紹介します。

用意するもの
  • スプレーボトル(クエン酸水を入れます)
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • スポンジ
  • メラミンスポンジ
なおみ
クエン酸水が出来たら、早速掃除を始めましょう!

蛇口や鏡

ステンレスの蛇口や鏡などは、ピカピカの状態を知っているからこそ汚れを余計に感じやすい場所です。蛇口には白い汚れが、鏡にはうろこ状の汚れがついているのではないでしょうか?

汚れたところへクエン酸スプレーを吹きかけて、スポンジでこすってみてください。簡単に汚れが落ちますよ!

そして広がってしまった水垢汚れにはクエン酸パックが効果的です。

クエン酸パックやり方
  1. 汚れた場所にたっぷりクエン酸水を全体に吹きかける
  2. クエン酸水が乾かないうちにキッチンペーパーを貼り付ける
  3. キッチンペーパーの上からもクエン酸水を再度吹きかける
  4. その上にラップをかけパックして1〜2時間放置
  5. ラップを取り外しそのラップ又はスポンジで鏡を擦る
  6. 最後にシャワーで流して完了
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ayaka(@ks._.myhome)がシェアした投稿 -

クエン酸パックは、水垢汚れには絶大な効果を発揮しますので、ぜひ試してみてくださいね。

壁や床

普段お風呂掃除をしていても壁や床に黒ずみが発生していたりするものです。洗剤で落とそうとこすってみたもののなかなか取れない、そんな経験はありませんか?実はこの汚れの大部分は水垢なんです!

けんじ
ここでクエン酸の出番だね!
なおみ
その通り!水垢にはクエン酸よ。

蛇口や鏡同様、クエン酸水を吹きかけてスポンジでこすれば汚れが落ちていきます。それでも落ちないときは、こちらも同じようにクエン酸パックをしてみてください。

洗面器、椅子、おもちゃなど

洗面器、椅子、おもちゃなどのお風呂用品は掃除を後回しにしがちです。子どもが使うおもちゃは特に衛生面に気をつけたいところです。そこで、浴槽の残り湯を利用してキレイにしてしまいましょう。

  1. 浴槽の残り湯にお湯を足して、お湯を浴槽いっぱいする
  2. 浴槽の中にクエン酸を1カップ入れてかき混ぜる
  3. 浴槽内に洗面器や椅子、おもちゃなどをを入れてつけ置きする
  4. 1〜2時間つけ置く。汚れがひどい場合は一晩おく
  5. スポンジで汚れをこすり、しっかり洗い流して完了
なおみ
簡単にできるので、定期的にお風呂を出る前につけ置きするのがオススメですよ。

実はこのつけ置き、浴槽内の掃除も一緒に行えます。最後に浴槽をこすり洗いするだけです。

シャワーヘッド

毎日必ず使用する場所になると思いますが、シャワーヘッドを掃除することはなかなか思いつかないかもしれません。

シャワーヘッドを正面から見てみると、

意外と汚れているのがわかります。この白い汚れこそ水垢です。では、シャワーヘッドの掃除方法をご紹介します。

  1. バケツなどにお湯を1ℓほど溜めまる
  2. そのお湯にクエン酸を大さじ3ほど溶かしてかき混ぜる
  3. そこにシャワーヘッドをつけ置きし、1〜2時間放置
  4. スポンジなどでこすって洗い流せば完了

水垢汚れを予防しよう

様々な場所の水垢汚れの簡単なクエン酸での落とし方をご紹介してきましたが、出来ることなら掃除の回数を減らして楽をしたいですよね。

そこで水垢汚れそのものを予防する方法をご紹介します。汚れを予防するためには、水垢がつかないようにすることが必要です。

  • タオルなどで水滴をしっかり拭き取る
  • 換気扇を回す、窓を開けるなど、しっかり換気をする

ささいなことですが、毎日やるかやらないかが大きな差になります。水垢と一緒に掃除の頻度も減らしてしまいましょう。

まとめ

  • クエン酸は無色無臭の安全な酸性成分
  • クエン酸はアルカリ性成分の汚れに効果的
  • お風呂掃除のクエン酸の使い方は3つ
  • 頑固な汚れにはクエン酸パックをする

クエン酸を使ったお風呂掃除についてご紹介してきました。毎日使うお風呂だからこそ、簡単に楽にお掃除が出来ればよいと思っています。まずはクエン酸スプレーを用意するところから!ぜひ実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です