お風呂のおもちゃをカビから守る収納はマグネットの活用一択!!

お子さんとお風呂で過ごす時間、おもちゃで楽しく遊んだり、知育おもちゃを使って文字や数字の練習をしたり・・・何気ないようでいて、実はとても大切な時間ですよね。

とは言え、お風呂の収納スペースは限られているのに、お風呂用おもちゃが増えてごちゃごちゃになってしまうという悩みも起こりがちです。

けんじ
普段忙しいパパにとって、子供と一緒にお風呂で遊ぶ時間は大切だから、おもちゃは置いておいてほしいなあ 
なおみ
そうだよね。だからこそ、上手に片付けてお風呂をもっと楽しい空間にしていきましょう!

お風呂場の収納には、吊り下げや吸盤フックを使うなど色々な方法がありますが、実はマグネットを使うととても便利なんです!

今回は、マグネットを使ったお風呂場のおもちゃ収納の方法について詳しく解説していきます!

お風呂のおもちゃ収納の悩みとポイント

お風呂場のおもちゃ収納の悩みどころ

お風呂用おもちゃの収納は、細々したおもちゃが多くてまとまりにくくごちゃごちゃしてしまう上に、お風呂場に置きっ放しにしておくとカビやぬめりが気になる・・・といった点で困りますよね。

お風呂のおもちゃ収納の悩み
  • カビやぬめり、水アカなどの汚れが着きやすい
  • 小さなおもちゃが排水口などに落ちてしまうことがある
  • 細々したものが多く見た目もごちゃごちゃしてしまう

特に、お子さんが手にするものなのでおもちゃを衛生的に保つことは重要ですよね。こまめに換気や掃除をするのももちろん大切ですが、収納方法を工夫すれば汚れにくくすることができます!

お風呂場のおもちゃ収納のポイント

カビやぬめりなどの汚れを予防するためには、収納方法にいくつかポイントがあります

1 水切れを良くする

これはおもちゃ収納に限った話ではなく全ての収納に当てはまることですが、カビやぬめりを予防するためには水分が着いた状態で放置しないことが重要です

毎回水分を拭き取るのも効果的ですが、床から浮かせる、吊り下げるなどで水切れの良い状態にしておけば早く乾燥するのでカビを予防できます。ただし、使った後にシャワーで石鹸や入浴剤などの成分はしっかり流しましょう。


引用:RoomClip

2 詰め込みすぎに注意

せっかく水切れの良い場所に収納しても、詰め込みすぎて通気性が悪いと乾燥しにくくなり、カビやぬめりの原因になります。

沢山持ち込みたくなる気持ちはわかりますが、お風呂場に収納しておくのは毎日使うおもちゃに厳選して、残りは使ったらお部屋に片付けるようにしましょう。

3 ステンレス製の収納グッズを使う

プラスチックは汚れやぬめりが着きやすく、風呂場の収納に適しているとは言えません。ゴム製のものは水を弾きますが、湿気の多い場所では劣化しやすい面もあります。

そこでお風呂場の収納にはステンレス製のラックやカゴがおすすめです!ステンレスはサビにくく、汚れにも強いので掃除がとても楽になります。

お風呂場のおもちゃ収納のポイント
  • 水切れを良くする
  • 収納するおもちゃは厳選して詰め込みすぎない
  • ラックやカゴはステンレス製のものを選ぶ

そして、これらのポイントを押さえて収納するために、マグネットはとても相性が良いんです。

なおみ
お風呂場の収納にマグネットが便利な理由を次に説明していきますね!

 

お風呂の収納にマグネットが良い理由

おもちゃ収納にマグネットを使用すると良い理由はいくつかあります。そして、一般的なマンションなどのお風呂場の壁にはマグネットが付くことが多いんです。これを利用しない手はないですよね!

マグネット収納のメリット
  1. 「吊るす収納」など床から浮かせて収納できる
  2. 収納場所を自由にカスタマイズできる
  3. 湿気やカビに強く衛生的

マグネットフックでおもちゃを吊るすと、乾燥させながら収納することもできますし、ラックを使って床から浮かせた収納が簡単にできます。

ゴム製の吸着フックもありますが、お風呂場で使用するとゴム部分に水アカが着いてしまったり、劣化して吸着が弱くなってしまうことがあります。その点マグネットは汚れが着きにくく、取り外しや手入れも簡単にできます。

さらに、マグネットラックは既成の置き型ラックと違い好きな位置に取り付けることができます。おもちゃ入れとして、お子さんの手が届きやすく自分で出し入れできる場所におもちゃスペースを作ることができますね

なおみ
子供が自分で片付けられるように、身長に合わせて位置を変えられるのは嬉しいですよね。

 

マグネットを使ったお風呂のおもちゃ収納方法

ステンレスラックを使った収納

マグネットで取り付けられるステンレスラックを使った収納です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naoko Aiba(@nao_happydays)がシェアした投稿 -

壁のコーナー部分に取り付けられるのでスペースを有効に使える上に、浴槽に入りながらお子さんがおもちゃを出し入れすることができますね。おもちゃ用と分かるような可愛らしい絵柄もお子さんに喜ばれそうです。

バスポケット

マグネットで取り付けられるバスポケットは深さがあるので便利です。底に穴がある水切りできるタイプを選びましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上田 麻希子(@uedmkk)がシェアした投稿 -

このようなバスポケットは大きさば選べるので、大きなおもちゃ、小さなおもちゃを分けて収納できます。細々したおもちゃをしっかり収納できるので、間違って排水口に流してしまった・・・ということもなくなりそうですね。

マグネットフック

マグネットフックは、直接おもちゃを吊るして使ったり、バスケットなどの収納を吊るして使うことができます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

maico(@maicohome)がシェアした投稿 -

バスケットと組み合わせることで、浮かせることができて衛生的におもちゃを収納できます。カラフルなおもちゃも、スタイリッシュなバスケットに入れたことで見た目もスッキリしていますね。

 

お風呂場収納に最適!便利なマグネット収納アイテム

ここからは、お風呂のおもちゃ収納に便利なマグネットラックなどのアイテムをいくつか紹介していきます。実際に使ってみておすすめできるものなのでぜひ参考にしてみて下さい。

山崎実業(Yamazaki)マグネットバスルームコーナー おもちゃラック


引用:Amazon

こちらは底の部分に水切りできる穴が空いているので、中に水分が溜まるのを防いでくれます。目が細かいので、小さなおもちゃを入れても落ちてしまう心配もありません

さらに、デッドスペースになりがちなコーナー部分を収納として活用できるのも嬉しいですね。

be worth style お風呂用バスケット


引用:Amazon

スチール製のバスケットですが、防錆加工されているため湿気に強く、お風呂場で使用するのに適しています。大きめのおもちゃを収納すると見た目にもスッキリ、乾燥もしやすいですよ。

マグネットフックと組み合わせれば、様々なところに取り付けることができます。


引用:Amazon

東和産業 バスポケット


引用:Amazon

こちらは平面の壁に付けられるマグネットラックです。シャンプーなどのボトル類を入れるものですが、ある程度深さもあるため細々したおもちゃの収納にちょうど良いです

なおみ
子供と「 この中に収まるだけ」と決めてしまえば、持ち込みすぎを防ぐこともできますよ!

 

まとめ

お風呂のおもちゃ収納にマグネットを使うメリット
  • サビや水アカに強くお風呂場に最適
  • ラックやフックを使って水切れ良く衛生的な収納場所に
  • お子さんが出し入れしやすい位置に収納を作ることが可能
  • 見た目もすっきり気持ち良いお風呂場に

おもちゃを衛生的に収納すれば、お風呂場遊びも安心ですよね。せっかくお子さんと過ごすお風呂、楽しく充実した時間にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です