お風呂の排水口掃除の頻度は?こまめな掃除で楽しちゃおう!

嫌でもしなければいけないお風呂の排水口の掃除。面倒だからと放っておくと、ゴミ受けや排水口のカバー、その周辺にぬめりが出て、カビが生えたり悪臭がしたりとますます掃除したくなくなってしまいます。

そうならないためにはどんな頻度で掃除をすればお風呂の排水口を綺麗に保てるでしょうか?お風呂の排水口の掃除が楽になるコツをお伝えします!

普段見える部分と、見えない部分

お風呂の排水口の掃除は大きく2つに分けられるでしょう。1つは排水口のカバーを開けると見える、ゴミ受けと排水トラップと言われる水たまり部分。

もう1つは、排水トラップの中のパーツを外さないと汚れが見えない部分です。

見える部分

排水口のカバーをあけると、髪の毛などを流さないためのゴミ受けがあります。そこには、入浴の際私たちが流した髪の毛、シャンプーや石鹸カスがたまっていますね。

そのゴミ受けを外すと、排水トラップといわれる水たまりがあります。常に水がたまっていることで害虫の侵入や悪臭を防いでくれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

warauneko(@warauneko2)がシェアした投稿 -

見えない部分

カバーとゴミ受けを外して排水トラップの中をのぞいてみると、なにかしら取り外せそうなパーツがあると思います。

 お風呂によって違いますが、ゴミ受けの下の封水筒が外せるもの、排水ピースや整流ブロックと呼ばれる水の逆流を防ぐパーツだけ外せるタイプのものもあります。

引用:TOTO公式サイト

まずはあなたのお家のお風呂の説明書を確認してくださいね!外せるものは綺麗に洗うことができます。

 

見える部分の掃除方法

髪の毛はもちろん、石鹸カスや皮脂など、排水口のゴミ受けにはあらゆる汚れがべっとりとついています。数日掃除をサボるだけで、汚れは取れにくくなります。

目も当てられなくなる前に掃除したいところです。汚れに気がついた時が掃除のタイミングです!

  1. ゴミ受けのゴミを取り除く
  2. お風呂用洗剤とブラシなどを使って汚れを落とす
  3. 塩素系漂白剤などを使って綺麗にする

ゴミ受けのゴミを取り除く

まずは髪の毛などのゴミを取り除きましょう。素手では触りたくないし、そのままゴミ箱に捨てるのも臭いそうですよね…。

使い捨てのビニール手袋や、小さなビニール袋を手袋がわりに使って、そのままひっくり返して口をしばってゴミ箱にポイすると、楽ですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

わたしの節約(@watashino_setsuyaku)がシェアした投稿 -

ダイソーにこんな便利な商品もあります。手袋になっているのでゴミをつかみやすく、捨てる時にも縛りやすい形になっています。黒なので中身が見えないところもいいですね。

お風呂用洗剤とブラシなどを使って汚れを落とす

ゴミを取り除いてもゴミ受けには石鹸カスやピンクの水アカ、しばらく放置していると黒カビが付いていたりしませんか?特にプラスチックのゴミ受けだと、汚れがつきやすいですね。

汚れはお風呂用洗剤をつけてブラシでこすり取りましょう。私は柄の長いブラシを使って、排水トラップや排水口周りとカバーもその時ゴシゴシこすります。

こすった後はシャワーでしっかりと流して排水トラップ内の水を綺麗な状態にします。汚れを流してしまえば臭いません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@imph_)がシェアした投稿 -

セリアの排水口ブラシです。十分長いですが、さらに伸ばすことができます。ブラシの先が曲がっているので、排水口の底をしっかり掃除することができますよ。

塩素系漂白剤などを使って綺麗にする

ゴミ受けの汚れがなかなか取れない時は、さらにカビキラーなどの塩素系漂白剤をスプレーして数分置いてから、流します。そうするとピカピカになってすっきりしますよ。

注意

塩素系漂白剤を使用する際は、必ず換気をし、素手で触れないようゴム手袋をつけましょう!また、酸素系洗剤と混ざると有害なガスを発生します。必ず単独で使いましょう! 

 

見える場所の掃除頻度は毎日?

これは家族の人数や髪の長さにもよるのでなんとも言えませんが、ひとつ言えることは、こまめに掃除をした方が、汚れがたまってからしっかりと掃除するよりも時間も労力も格段に楽です。

汚れをためていると、どんどん汚れが落ちにくくなりますし、お風呂場なのでカビの原因にもなります。それに、溜まりに溜まった汚れを見るのも、嫌ですよね。

できれば毎日するのが理想。

なおみ

ですが、大変ですよね。私も毎日はしていません!掃除頻度を減らして、普段の掃除が簡単になる方法をお伝えします 

掃除頻度を減らす方法

排水口ネットを使う

私はゴミ受けに、台所用の排水口ネットをつけています。そうすれば、ゴミ受けの穴に髪の毛が絡み付いたり、石鹸カスなどの汚れがつくのをだいぶ防ぐことができるので、かなり掃除が楽になりますよ。

ただ、何日も掃除せず放置していると、網目が細かいので詰まって排水が悪くなるので、我が家は2、3日に1回取り替えています。ゴミを取り除く時も、ネットを取り外すだけなのでとっても楽です。

排水口ネットをつける前は、プラスチックのゴミ受けの隙間に汚れがつきやすいので毎日ゴミをとってブラシでこすっていましたが、今はブラシでこするのもネットを取り替えるときだけです。

掃除しやすいゴミ受けに変える

おそらく多くのお風呂に最初から取り付けられているゴミ受けはプラスチック製だと思います。プラスチックは汚れやすく、ブラシで汚れが落としにくかったりしますよね。ゴミ受けだけで様々なものが売られています。素材を変えたり、使い捨てのものにしたりするのも手です。

ステンレス製のゴミ受け

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tao.home(@tao.home)がシェアした投稿 -

プラスチックに比べ、ステンレスは汚れがつきにくいです。掃除をするときも、パンチングでフラットなので、ブラシでさっとこすればすぐ汚れが落とせそうです。

使い捨てのゴミ受け

引用:Yahoo!ショッピング商品ページ

洗わなければいけないゴミ受け自体を使い捨てにしている画期的な商品です。コストはかかりますが、面倒なゴミ受けの掃除から解放されます。100円ショップにも同じようなものが売られているので、使ってみると良いかもしれませんね。

使用後、お風呂のシャワーでしっかり流す

最後にお風呂に入った人が、床の泡や髪の毛をシャワーで流し、さらに排水口の蓋を開けて、ゴミ受けのゴミを取り除いでから、排水口めがけて30秒ほど強めのシャワーをかけます。

そうすると、カビの原因となる水アカや石鹸カスが流れていくので、ゴミ受けも排水トラップ内も綺麗になり、臭いもありません。家族の協力が必要な場合もありますが、コストをかけず、今日から出来ますね!

 

見えない部分の掃除と頻度

普段見えないので、どんな様子になっているのか見るのが恐ろしい部分ですね。目には見えなくても、臭いが気になるようでしたら、汚れがたまってるかもしれません!

先ほどお伝えしたように、ご自宅のお風呂の説明書をよく読んで、取り外せるパーツだけ取り外して、掃除に取り掛かってくださいね!

パーツを外すお掃除方法

  1. パーツを取り外し分解する
  2. ぬめりなどあればざっとブラシで汚れをこする
  3. 塩素系漂白剤をかけ、5分ほど放置したのち、水でよく洗い流す
  4. パーツを元に戻す

排水口のお掃除動画です。

塩素系漂白剤をスプレーするだけで簡単に綺麗になりますね!動画ではブラシを手作りしています、使用後は捨てるだけなので衛生的で良いですね。

また、浴槽の排水口も外して掃除しています。排水が悪いと感じたら、ゴミが溜まっています。こまめにゴミを取り除いて、漂白剤をかけて清潔にしましょう。

それでもまだ臭う場合は

ゴミ受けで受けきれなかった髪の毛や、長年蓄積された石鹸カスや油分がパイプで詰まっているかもしれません。パイプユニッシュなどのパイプ用洗剤を使って綺麗にしましょう。髪の毛や油分も溶かして臭いとさよならしましょう!お風呂の排水パイプ掃除の記事はこちら

引用:モノタロウ公式サイト

排水口、パイプに洗剤を流し込み、15〜30分放置した後水で流すだけです。少ない量でも髪の毛や油分を溶かしして臭いもスッキリします!

お掃除頻度

気になるお掃除頻度ですが、我が家のお風呂の説明書には、「排水口の中の掃除は月1回」と書いてありました。あなたもお風呂の説明書を読んで、目安にしておくと良いですね。

ですが私個人としては、とても大雑把ですが、ズバリ、臭いが気になってきたら掃除のタイミングだと思っています。やはり汚れが溜まってなければ臭いません。

実は息子が小さいうちは、排水口の中まで掃除をする余裕がなく1年くらい放置していました。ですが、普段の掃除はこまめにしていたので、恐る恐る排水口のパーツを分解しても、そこまで汚れは溜まっていませんでした。

やはり、普段のこまめな掃除が一番時短につながるのだと思います!

 

まとめ

  • 排水口の見える部分の掃除はこまめにする
  • 臭いが気になったら排水パーツを外して洗う
  • さらに気になる時にはパイプ用洗剤で汚れを溶かす
  • ゴミ受けを変えれば排水口の掃除が楽になる

面倒で気が進まないお風呂の排水口の掃除ですが、こまめにやれば汚れは軽く、すぐに落とせます。お風呂は体を綺麗にする場所ですから、清潔にしておきたいですね!

ここでご紹介した方法以外にも、重曹やお酢を使って排水口を綺麗に保つ方法もあります。とても簡単ですので続けられそうですよ。毎日のお風呂掃除はどこまでやればいい?2分でキレイになる方法!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です