ブラウスの袖を綺麗にアイロンで仕上げるコツは素材とデザインに注目!

ワイシャツに比べてブラウスのアイロンかけは誰でもできそうに見えますが、実はいくつか気をつけておきたいポイントがあります。

綺麗に仕上げたつもりがそこまで綺麗ではなくてがっかりした、というような経験をした人は少なくないでしょう。けれど、いくつかのポイントを押さえておくだけで、見違えるような仕上がりになりますから、どうぞ諦めないでくださいね。

今回はブラウスの袖を綺麗に仕上げるためのコツをについて、基礎知識や手順を紹介していきます。

綺麗にアイロンをかけるために気をつけたいこと

なおみ
ブラウスのアイロンがけは、ワイシャツより簡単な時もあるし難しい時もあるよね
けんじ
色んなデザインや素材があるからねぇ。

形も素材も「一定のお約束」があるワイシャツとは違って、ブラウスはデザインも素材も多様なのでアイロンかけするには一枚ごとに異なった方法が必要です。ものすごく簡単にアイロンをかけられるブラウスもあれば、時には難しいブラウスもありますよね。

今回はその中でも気になるブラウスの袖のアイロンかけについて、解説していきます。

 

基礎知識と必要なもの

アイロンをかける時に、準備しておくものをリストにしてみました。

  • アイロン
  • スチーム機能がない場合は霧吹き
  • 当て布(木綿)
  • スポーツタオルまたはバスタオル、鍋つかみでも代用可能(丸みのある部分をアイロンかけするのに使用)
  • アイロン台

どのご家庭にもあるものです。当て布はハンカチでも大丈夫ですよ。

ブラウスにアイロンをかける手順とポイント

家事サボでは今までにアイロンがけの手順をたびたび説明してきましたが、読んでない方のために要点をまとめてみました。

ブラウスのアイロンがけ手順

ブラウスもワイシャツと同じように、小さい部分から大きい部分の順にアイロンをかけます。具体的に言うと、袖と襟肩ヨークボタンやボタン穴周囲前見頃後ろ見頃の順です。

ブラウスのアイロンがけの手順をまとめてみました。参考にしてくださいね。

  1. 洗濯表示を確認して、アイロンの温度を設定する。
  2. アイロンのスチーム、霧吹きでブラウスを湿らせておく。
  3. アイロンをかける順番を守ってアイロンをかける。
  4. 仕上がったら、シワがつかないようにハンガーにかけておく。

ブラウスにアイロンをかけるときの注意点

木綿麻素材のブラウスは、ワイシャツと同じように全体に霧吹きをかけるか、スチーム機能を使ってかければ良いでしょう。

シルク素材のブラウスは水分で縮んだりシミがついたりする場合がありますから、霧吹きやスチームは使わない方が安心です。

シルクにそっくりな素材感のあるポリエステルサテンポリエステルシルクもできれば水分を使わない方が安心して仕上げられますが、強いシワをつけてしまった場合はできるだけ細かな霧が出る霧吹きを使うか、当て布だけをを湿らせてアイロンをかけてくださいね。

注意
シルクやポリエステル以外のブラウスは、基本的にスチームを使わないドライアイロンで仕上げます。繊細な素材は水分でシミができたり縮んだりしてしまいますから気をつけましょう。

 

ブラウスの袖を綺麗にアイロンがけするポイント

ワイシャツとは違ってブラウスの袖はデザインも千差万別です。デザインによって、袖の線をつける、つけないが変わってきますから、一枚一枚確認しながらアイロンをかけましょう。袖の線がないデザインなのにアイロンで線をつけてしまうと、あとで修正するのが大変になってしまいます。注意してくださいね。

ブラウスの袖山に折り目をつけてアイロンがけする場合

メンズライクなシャツブラウスの袖をアイロンかけする時は、ワイシャツと同じように折り目を整えて、端からアイロンをかけます。きっちり線をつけたいときは、霧吹きを多めに使ったり、糊付けしながらアイロンをかけて仕上げると良いでしょう。

ブラウスの袖山に折り目をつけないでアイロンがけする場合

エレガント系のデザインや柔らか素材で仕立てられたブラウスで袖山の線をつけたくない場合は、アイロン台の上に袖を置くとき、袖の端=袖山をアイロン台から落としてアイロンをかけると良いですよ。アイロンをかけた部分の布を前後にずらしてからもう一度アイロンをかければ、線を付けずにふんわりと仕上げられます。

ブラウスの肩部分から袖にかけてを綺麗にアイロンがけする方法

ふっくらしたパフスリーブのブラウスは、着ると優しい気持ちになれる女性らしさが感じられるアイテムですよね。パフスリーブのアイロンがけはちょっと難しそうに思えますが大丈夫、自分でできますよ。簡単で綺麗に仕上げられるコツを公開します。

  1. 流行りのスチームアイロンを使う。
  2. アイロンのスチーム機能を使う。
  3. タオルを丸めて、肩の裏側から当ててアイロンをかける。鍋つかみにタイルを巻いても可。 

スチームアイロンがある方は、お悩みが即解決しそうな気がしますが、ブラウスの生地によってはシワが残ってしまうことがあります。その場合は③の方法と一緒にやってみましょう。

③の方法は苦肉の策として考案したのですが、とても便利なので手順をご紹介します。

  1. 鍋つかみに清潔なタオルをブラウスの肩から袖の形に合わせて巻き付ける
  2. それを左手にはめてブラウスのアイロンをかけたい部分に裏側から当てる
  3. 表面にアイロンをかける

たったこれだけで綺麗に仕上がるので、やってみてくださいね。

注意
タオルだけでアイロンをかけると熱いスチームが出た時に火傷をします。必ず鍋つかみを使いましょう。

私は以前、魔が差して(笑)主人とのデート用に1メートル以上もある長いボウに細かなフリルがびっしりついたシルクシフォンのブラウスを買ってしまったことがあるのです。フリルのアイロンだけでも大変なこのブラウスは、おまけに袖が膨らんだデザインでしたからアイロンがけが半端なく大変だったものです。

なおみ
あのブラウス、アイロンをかける時間に余裕のある時だけ着る=滅多に着ないワードローブになっているけれど、おかげでアイロンかけを真剣に学べたのかもしれません

「必要は発明の母」ならぬ「パフスリーブのフリルブラウスはアイロンがけ技術上達の母」な経験でした。

 

まとめ

ブラウスはワイシャツとは違って、素材もデザインもバリエーション豊富です。ちょっと手間がかかりそうで購入するのをためらってしまうかもしれませんが、この方法を知っていたら大丈夫です。

  • ブラウスの袖のアイロンかけはワイシャツとは違うポイントがある。
  • ブラウスの素材を確認してからアイロンをかけよう。
  • ブラウスの袖は折り目をつけるデザインか、付けないデザインなのかを確認しよう。
  • パフスリーブのブラウスには、スチームアイロンやスチーム機能が便利。
  • スチームアイロンやスチーム機能でシワが伸びないときは、タオルを使ってみよう。

アイロンがけが不安で気に入ったデザインのブラウスを購入するのをためらっていた人も、これからは気楽にお洒落を楽しんでくださいね!ブラウスの袖を綺麗にアイロンがけしてお洒落に着こなそう

なおみ
今年のクリスマスプレゼントは素敵なブラウスを選んでみようかしら?
けんじ
どきっ!! えーっと、お手頃価格でお願いしますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です