仕事で忙しい中でも弁当を作る時間を手軽に捻出できる簡単な方法

あなたは仕事や学校があるときの昼ご飯はどうしていますか? 外食やコンビニ弁当という方も多いと思いますが、添加物の少ないものを食べたい人や食費を抑えたい人の中には弁当を作って持って行きたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、弁当を作るのは非常に手間がかかり時間がかかるので諦めているという方がほとんどではないでしょうか? この記事では、とても忙しいあなたでもとても簡単に弁当作りができる方法を紹介します。

弁当作りに時間がかかる要因

まずは、なぜ弁当を作るのに時間がかかるのかを考えていきましょう! 時間がかかる手順や行程が分かれば時間を短くする方法を見いだせるかもしれません。私が思う弁当を作るために時間がかかることを挙げていきます!!

弁当のメニューを決める時間

まず、弁当を作ると決めたら、弁当のおかずを決めなければなりません。弁当のおかずはとても特殊です。弁当のおかずは調理してから少なくとも数時間後に食べるものなので、安全に食べるためには日持ちしなければならないのはもちろんのこと、冷めた後でもおいしくなければ午後のモチベーションが下がってしまいます。

さらに、具材に火を通せば日持ちすることが多いが、おかずが冷めるとおいしくなくなってしますよね。このような多くの制約がある中で、メニューを考えなければならないので、手間が掛かる料理はもちろん時間がかかってしまいます。

弁当の材料を準備する時間

弁当のおかずが決まったら材料を準備しなければなりません。材料の準備をするのもなかなか時間がかかります。買い物に出かけるだけで30分程度の時間が浪費されてしまいます。

弁当のおかずを作る時間

メニューも決まり、材料の準備ができたら、やっと弁当を作ることができます。しかし、弁当のおかずを作るのにも時間が必要です。どんなにテキパキやったとしても10分単位で時間がかかってしまいます。

弁当のおかずを作った後の後片付け

弁当のおかずを作ったら終わりではありませんよね。弁当を作るためには色々な調理器具を使用すると思います。これらの調理器具たちを洗わなければなりません。

この後片づけに時間がとられるのはもちろん、私はこの後片付けが非常に億劫で後回しにすることが多かったです。その結果、シンクの中が洗わなければならない調理器具と食器であふれてしまうことがよくありました。このような状況になってしまうと、どんどんやる気が損なわれてしまいます。

しかし、食器洗いはいつかはやらなければならず食器洗いをいつしようかなと悩む時間が発生します。このような時間はスマホいじりやテレビに逃げてしまって、何も実らない時間が発生しがちです。ゆえに、後片付けは実際にかかる時間もそうですが洗い物したくないという葛藤に襲われている時間が合計が浪費されて、かなりの時間が失われてしまいます。

まとめ

以上に挙げたように、弁当作りには準備、調理、後片付けとかなりの時間が必要になります。そのため、弁当作りを諦める人や仮に弁当作りを始めたとしても三日坊主になってしまう方がたくさんいらっしゃいます。

 

弁当の準備の時間を大幅に短くするには夕食の準備と並行して行うべし

さて、弁当作りを三日坊主で諦めてしまわないためには、ある工夫をしなければなりません。気合いを入れて朝早起きして、弁当を作る時間を作ろうとしても無理です。それができている人はこの記事を読んでいないでしょう。

弁当作りを時短するための工夫は弁当作りを夕食の準備と並行して行うことです。極端なことをいえば、弁当専用のおかずを作らないということを実践していただきたいと思います。弁当専用のおかずを作らないということはどういうことかというと、夕食のおかずを多めに作ってそれを翌日の弁当にしてしまうという方法です。

弁当専用のおかずを作らなければ、以下のメリットが発生します。

弁当のおかずを考える時間がなくなる

当然のことですが、弁当専用のおかずを作らないので、そのメニューを考える時間が必要がありません。弁当作りの最初の関門がなくなるので、弁当作りを始めやすくなるのではないでしょうか?

弁当のおかずの材料を準備する必要がなくなる

弁当専用のおかずを作らないので、その材料を準備する必要がありません。夕食のおかずを弁当にするため、夕食のおかずは多めに作らなければなりません。しかし、予め考えているおかずの材料を多めに買うだけだと、考える時間も必要ないため余分に時間を浪費することはありません。

弁当を作る時間が短縮できる

弁当のおかずを夕食のおかずと並行して作ると多少時間が増えるかも知れませんが、材料を切る時間が増える程度で、毎朝一から弁当のおかずを作るのに比べると時間は圧倒的に短縮できますので、トータルで見ると大幅な時短につながります。

片付ける回数が少なくなる

料理のあと一番面倒だと思われる後片付けの回数は夕食後の1回だけで済みます。さらに、作る量が増えても洗わなければならない調理器具が増えるわけではないので、片付けに要する時間が増えることはありません。単純に後片付けの回数が減るのでとても楽になります。

まとめ

弁当のおかずを夕食の準備と並行して行うことで、弁当を作ることよって生じる手間と時間を大幅に減らすことができます。

 

まとめ

 習慣

弁当作りは手間も多く時間がかかるため、健康や家計に優しいことが分かっていても、弁当作りを習慣にできている人は少ないのではないでしょうか?

しかし、弁当を夕食と一緒に作ってしまえば、弁当作りにかかる時間を大幅に短くすることができます。今まで弁当作りを習慣にできなかった方も毎日楽して弁当を持って行っていく習慣を身に着けると、健康にもよくて家計にも優しいのであなたも是非お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です