○○と○○を節約できる!?面倒な弁当作りを超簡単にする事前準備とは?

あなたは毎日弁当を作っていますか?

弁当は食費の削減や栄養面など色々なメリットがありますが、作るのが面倒くさいというデメリットがあります。

今回の記事では面倒くさがり屋でも、継続できる弁当作りを紹介します。

弁当を作ることによりもたらすメリット

まず始めに弁当を作ることによるメリットを紹介したいと思います。

面倒くさいことは何事もメリットがなければ継続しないですよね。

 

食費を削減することができる

弁当を作ることにより生じる最大のメリットは食費を節約できるという点です。

弁当を持たないで出社すると、昼食を買うか、外食することになります。コンビニで弁当を買うと、最低でも400円程度の出費が生じます。成人男性なら弁当ひとつでは足りないので、プラスでおにぎりなどを追加購入すると思うので、さらに高額になる可能性があります。

外食するとなると、店にもよりますが、1人前の定食が約1000円程度します。かつては食事を安く済ませられると有名な牛丼の並盛りでも、現在は400円程度かかるので、月単位(20日/月)だと8000円もかかります。毎日、牛丼では飽きてしまいますので、それ以上の食費がかかることは間違いないでしょう。

しかし、弁当を持って行くことができれば、昼食の出費はかなり抑えられること間違いないですね。

 

時間も節約することができる

弁当により食費が節約できることはまず先に思いつくと思いますが、他にも削減できることがあります。

それは「時間」です。

「時は金なり」ということわざがあるように、「時間」も「お金」並に重要です。むしろ、現代のワーク・ライフ・バランスが好まれる傾向がある社会では、「お金」よりも「時間」の方が大事という方もかなり多いのではないのでしょうか!?

弁当を作る時間が必要なので、余分に時間がかかると思う方がいるかもしれません。その疑問を払拭するために、どのような時間が削減できるのか紹介したいと思います。

削減できる時間は「昼食の時間」です。お弁当を持って行かなかった場合、昼食を食べるためにはコンビニなど外に買いに行く、もしくは飲食店に外出することが大半であると思います。

これらのいずれの方法も外出する必要があります。お店がどんなに近くても外出するだけでかなりの時間を費やしてしまいます。しかし、お弁当を持っていく場合は、弁当を持ってきてない人が外出して会社に戻ってくるまでの間に食べ終わることができます。

さらに、外出先では人であふれかえっており、行列に並ぶということがあるかもしれません。万が一行列に並ぶことになれば、かなり膨大な時間を費やしてしまうことになりますね…

 

面倒な弁当作りを継続するためには

さて、弁当作りにより「お金」と「時間」を節約できることを理解してもらったところで、弁当作りを継続できる方法を紹介します。

この方法は面倒くさいことを継続する方法なので、とても手軽にできる方法です。

 

前日の夕ご飯を多めに作る

朝という時間帯は非常に忙しい時間帯です。この時間に弁当を作ることになるとさらに忙しくなり、非常にストレスを抱えることになると思います。

そうなるとだんだん弁当を作らなくなることは目に見えています。

そこで、前日にお弁当を作り置きしてしまいましょう!!

まずは、夕飯のおかずを多めに作って、作り置きをしましょう!!旦那様に同じメニューを食べさせるのは申し訳ないと思うかもしれませんが、はじめは習慣作りが大切です。

晩ご飯のおかずの量を増やす手間は、当日の朝に弁当を作ることはおろか、予め弁当を作り置きして置くよりもはるかにハードルが低いです。なので、私は弁当作り継続の第一歩として、この「前日の夕ご飯のおかずを多めに作って、弁当のおかずにする」方法を強くオススメします!!

 

しかし、以下の2つだけは注意して欲しいと思います。

  • 作る量を増やす料理は火の通ったおかずにすること
  • 多めに作ったおかずを食卓に出す前に予め弁当分を取り分けておくこと

以上の2点は、確実に弁当のおかずを確保するという意味合いがありますが、一番の目的は食中毒を防ぐためです。生ものが日持ちしないというのはみなさんもご存じのことかと思います。

しかし、箸を経由して人間の唾液がついたおかずも菌が繁殖しやすくなり、日持ちしなくなります。少しでも安心して、弁当を食べられるように菌の繁殖を防ぐための手段として上記の2点を守ってくださると、リスクをかなり抑えることができます。

 

前日の夕飯を作る際に1品追加する

弁当を継続して作れるようになったら、弁当のおかずを増やしてみましょう!!

しかし、弁当用のおかずを作ることになるからといえ、当日の朝に作ろうとは思わない方がいいと思います。最初の方にも書きましたが、朝という時間帯は非常に忙しいです。せっかく弁当作りの習慣が身についたのにやめてしまうと非常にもったいないです。

そこでオススメなのが、前日の夕ご飯の準備と並行してもう一品作る方法です。この方法ならば、当日の朝の負担は今まで変わりません。さらに、夕飯の準備と並行して作ることができるので、後片付けなどの手間も増えないので継続しやすくなると思います。

しかし、余分に一品作ることになるので、上記の「前日の夕ご飯のおかずを多めに作って、弁当のおかずにする」方法より手間が増えることは確かです。なので、この「前日の夕飯を作る際に1品追加する」は弁当作りの習慣が確立してから、まだ余裕だなと疑問を待たずに思ってから実践することをオススメします!

 

まとめ

この記事では弁当作りを継続することができれば、「時間」「お金」を節約することができることを紹介しました。

そして、前日の夕ご飯の準備を利用してお弁当作りを継続させる方法を紹介しました。

是非今夜(夕飯後なら明日の夕飯準備)から初めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です